育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

医師・専門家からのアドバイス

薄毛に悩む方必見!皮膚科医が考える発毛サロンの選び方とは

書籍「最強!の毛髪再生医療」の表紙

近年、薄毛に悩む人の増加に伴って、薄毛対策を施術の軸に据えたクリニックやサロンが増えています。そこで気を付けたいのが、優良な施設とそうでない施設の見極め方。今回は、書籍「最強!の毛髪再生医療 - 豊かな髪と再び出会える本」より、発毛サロン、発毛クリニックの選び方について言及されている個所を抜粋して紹介します。

ニセ医学にだまされてお金をムダにしないために

 私もかつて怪しい発毛サロンや視力回復機器でだまされたように、合成写真やねつ造体験談を真に受けて大金をドブに捨てないようにするために、経験者の話で注意するポイントを述べましょう。

 まず、長期契約で最初から大金を払う契約になる場合は、私はやめたほうがよいと思います。私も発毛サロンでは最初に1年契約を結んでしまい、途中でまったく効果なしと判断しても、返金不可でした。本当に効果があるなら、発毛施術においても自信を持って1回ごとの支払いを認め、嫌ならすぐやめられる契約があって然るべきです。コースにしてまとめて支払う場合でも、短期にするほうが良心的ですし、本当に効くというなら患者さんのほうからやめることはないでしょう。

 私の医院には、ある発毛サロンで400万円使ってまったく効果がなかった方を筆頭に、「車を1台買えたのに!」と後悔している方はたくさんいらっしゃいます。

 巷には効果の怪しい育毛剤、養毛剤の広告宣伝が垂れ流されています。私が出席したいろいろなセミナーや講演の場や、あるいはテレビ、ラジオ番組などで「こんなことを言って、この人は良心の呵責(かしゃく)はないのかな?」と思うほど、いい加減な話を平気でするカウンセラーもいます。

 そこで、前述したように日本皮膚科学会が「効果のある発毛方法」を取りまとめたわけですから、ぜひそちらにも目を通してもらい、怪しい商品や治療法には手を出さないようにしてください。お金はともかく、間違ったやり方で、髪の毛どころか寿命を縮めてしまっては元も子もありません。本書でも、私の経験からベストな発毛治療を述べさせていただいています。それはすなわち、私が今取り入れている最新治療ということになりますが、これは決して私の医院の宣伝ではありません。ぜひご自身でさまざまな医院を検索して、自分に合った場所、方法を選択していただけたら幸いです。

ホームページで料金を明示している施設を選びましょう

 さまざまなクリニックや発毛サロンのホームページを見ると、内服薬や施術の料金がすべて明示されている場合と、お試しキャンペーン価格など、一部の安い薬や施術のみ書かれていて「詳しくはカウンセリングで」となっている場合があります。

 実は私の行った発毛サロンもお試し無料、カウンセリング無料でしたが、実際の詳しい料金はどこにも書かれていませんでした。のこのこ出向いてカウンセリングでその気になり、年間60万円もの契約をしてしまったわけです。個室の独特の雰囲気と、カウンセラーの話術に呑まれてしまったのも事実です。発毛だけではなく、美容外科の安い広告に釣られて医院に行ったら、結局、その10倍ほどの金額が請求されてしまったというのはよく聞く話です。

 ホームページで金額を把握できていたらもっと冷静な判断ができていたと思います。広告媒体で一部安いサービスをアピールするのは、気に留めてもらうためにやむを得ないとも思いますが、ホームページにまで明示しないのは不誠実だと思います。

 実際、薄毛治療にかかる金額は、人件費や施術材料の原価を考えると、安くしたくても限界があります。ただ、私自身や患者さんの経験から考えると、金額を明示できないのは高額過ぎるからではないでしょうか。正直に料金を載せると、患者は誰もやって来ないからです。

 ホームページに本当にかかる料金をしっかり明示してあるクリニックやサロンのほうが誠実だと思います。また、高い効果や安いキャンペーン価格に釣られるのではなく、まずカウンセリングに行く前に、例えば実際1年間通ったらいくらかかるのか、さらなる追加料金はあるのか、もしあまりにも効果がない場合、途中解約にペナルティはあるかなど、事前に聞いておくべきだと思います。もし電話やメールでは答えられないと先方が言うのであれば、その施設には行かないほうが賢明でしょう。

 どうかひとりでも多くの方が、薄毛の悩みから解放されることを願っています。本書がそのきっかけとなれば幸いです。

おわりに

 ほんの10年ほど前まで、我々皮膚科医はどんなに患者さんが切望されても、発毛治療、取り分け遺伝的薄毛治療には手を出しませんでした。いや、出せなかった。それは誠実に行える手段が皆無だったからです。

 ところが、ここ数年で再生医療が急速に発達し、最近になってようやく皮膚科医が発毛治療に取り組むことができるようになりました。

 本書では、私が考える、今(2017年4月現在)できうる最高の治療法について述べました。しかし、まだまだ発展途上の分野であり、この瞬間にもさまざまな施設で発毛法の研究開発が行われています。

 例えば、一昨年あたりまで「ハーグ治療がもっとも効果がある」とされてきましたが、もうすでに過去の話になっています。

 現在では間違いなく、「ヘアフィラー療法(機能性ペプチド)」が一番の治療法です。そう言い切れる自信がなければ、私が本書を執筆することもありませんでした。

 薄毛に悩み、植毛をやっている方も多いわけですが、基本的な仕組みとしては、毛包を培養し増やして植えているわけではなく、濃いところから薄いところに移動させているだけです。当然、元の場所が薄くなりますし、そもそもそんなにたくさんは移動できないので限界があります。しかも、数少ない毛を植えるために密度が少なく、見た目も不自然といえば不自然でしょう。

 もし毛包培養が可能となり、毛包を増やした上で植毛できる技術が出てきたら、薄毛治療が画期的に進歩することは間違いありません。

 これは遠い未来ではなく、10年も経てば実現できることでしょう。ですから、薄毛の方もそれほど悲嘆することはないと思います。

 ただ、それまでに大切な髪の毛を失ってしまうと何も手は打てなくなってしまうので、髪の毛を維持することが肝要です。

 私も薄毛に悩む方のために、これからも自分自身への施術も含め、積極的に研究を重ねていきたいと考えています。

 一方、本書において、内臓(腸)と肌(髪の毛)の密接な関係についても、繰り返し述べています。

 最新療法でたとえ毛が生えてきても、それを維持するためには、体の中から気を付けないといけません。髪が生えて終わりではなく、食生活や運動不足、睡眠、ストレスなどに留意し、健康でいることが肝要です。

 結局、日々をいかに過ごすかが大切なわけです。

 薄毛は体の不調のサインでもあります。健康でいることによって、髪の寿命はもちろん、本当の意味での寿命も伸びていきます。

 薄毛に悩む方々がひとりもいなくなる日の到来はそう遠くはないと思います。

 それまで、どうか自身の健康に留意し、ストレスのない、楽しい日々を送るように心掛けてください。

ヨムトニック編集部からヒトコト!

いかがでしたでしょうか。専門家の目から見ると、わたしたちが思っている以上に、事実に即していないサービス・商品が多いことが伺えますよね。

本書、「最強!の毛髪再生医療 - 豊かな髪と再び出会える本」には、これら以外にも専門医ならではの知見が随所に盛り込まれています。興味が湧いた方は、ぜひ購入して全編をチェックしてみてくださいね。

この記事で引用した書籍の著者
荒浪暁彦

[経歴]

  • 皮膚科医・漢方医・美容皮膚科医
  • 日本皮膚科学会認定専門医
  • 慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師
  • 浜松医科大学漢方医学講座非常勤講師
  • 日本医療毛髪再生研究会所属
  • 日本抗加齢美容医療学会員

静岡と千葉に美容クリニックを展開。西洋医療と漢方を用いた東洋医療をミックスし、他院にないユニークな治療を実践している。漢方を用いた皮膚病治療を広めるため、日本各地で医師向けの講演会を実施するほか、美容関連書籍も執筆するなど、精力的に活動している。

公式サイト:http://www.bihada-clinic.com

著書

書籍「最強!の毛髪再生医療」の表紙

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

参考になるページはこちら

おすすめの記事

書籍「最強!の毛髪再生医療」の表紙

薄毛に悩む方必見!皮膚科医が考える発毛サロンの選び方とは

当コンテンツでは、書籍の出版元から特別に許可を得て、文章・画像を引用しております。私的な利用範囲を超える無断コピーは、禁…

詳しく見る
55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由

遺伝と生活習慣、どちらが薄毛を引き起こすのか?

当コンテンツでは、書籍の出版元から特別に許可を得て、文章・画像を引用しております。私的な利用範囲を超える無断コピーは、禁…

詳しく見る
55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由

遺伝より生活習慣が薄毛に影響する理由

当コンテンツでは、書籍の出版元から特別に許可を得て、文章・画像を引用しております。私的な利用範囲を超える無断コピーは、禁…

詳しく見る

最新の記事

書籍「最強!の毛髪再生医療」の表紙

医師が語る!女性の抜け毛・薄毛の原因とは

当コンテンツでは、書籍の出版元から特別に許可を得て、文章・画像を引用しております。私的な利用範囲を超える無断コピーは、禁…

詳しく見る
書籍「最強!の毛髪再生医療」の表紙

抜け毛の原因は病気?医師が語る髪と健康の関係とは

当コンテンツでは、書籍の出版元から特別に許可を得て、文章・画像を引用しております。私的な利用範囲を超える無断コピーは、禁…

詳しく見る
書籍「最強!の毛髪再生医療」の表紙

漢方医学を組み合わせる?医師が語る意外な薄毛治療とは

当コンテンツでは、書籍の出版元から特別に許可を得て、文章・画像を引用しております。私的な利用範囲を超える無断コピーは、禁…

詳しく見る