育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

医師・専門家からのアドバイス

髪はどう生まれ変わる?知っておきたい毛の構造とヘアサイクル

「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」書籍イメージ

髪の毛はどのようにして生えてきて、どのようにして抜けるのか。ヘアサイクル(髪の成長サイクル)についての解説を、書籍「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」より抜粋して紹介します。 シャンプーやブラッシング、睡眠時に抜ける毛の平均的な本数などにも触れていますので、抜け毛が気になる方、薄毛対策を始めるべきか悩んでいる方は、ぜひ参考に目を通して見てください。

毛根の構造とヘアサイクルを理解しておこう

 抜け毛の真犯人を見つけ出すには、毛根の構造とヘアサイクルを理解しておく必要があります。髪の毛を増やしたいなら、髪の毛のことを知らなければなりません。内科的に薄毛の問題を解決しようと考えるなら、育毛と脱毛の仕組みをしっかり理解しておく必要があります。

 まず、毛髪とは何で、どのようにして生えてくるのでしょうか。

 毛は、爪と同じように、皮膚の一部です。私たちがいつも触れている毛髪は実は「毛幹」と呼ばれる毛の一部分にすぎません。髪が健康的に成長したり、抜けてしまったりというサイクルは、その一本一本の根元、頭皮の中に埋まっている毛根で起こっていることです。

 頭皮内に隠れて見えない部分の髪は、次ページの図のような構造になっています。根っこの部分は、植物の球根のように膨らんでいて(毛球)、その中に「毛母細胞」という毛髪の元となる細胞がたくさん入っています。この毛母細胞が分裂し、増殖することによって毛髪が上へ上へと盛り上がり、毛が伸びていくわけです。植物は先端が成長して伸びますが、毛髪は根元が伸びることによって押し出されて伸びるのです。

髪の構造

 毛母細胞が活発に分裂して髪を成長させるには、栄養が必要です。毛母細胞に栄養を与えるのが、「毛乳頭細胞」です。毛乳頭細胞は毛細血管から送られてくる栄養を受け取り、毛母細胞に送っています。毛母細胞と毛乳頭細胞が正常に機能することは、毛髪の健康維持の条件でありカギとなります。

 シャンプーは頭皮を清潔に保つ上で欠かせませんが、日に何度もシャンプーしたところで、毛母細胞が活性化することはありません。問題は、毛の埋まっている根元、頭皮の内部の目には見えない毛根の状態です。もちろん、毛根の機能は体内の状態の影響を大きく受けます。毛髪のトラブルも内科的に治療すべきというのは、このためです。

引用:血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論

正常なヘアサイクルは5~6年

 次に、1本の髪の毛の一生を見ていくことにしましょう。

 薄毛の人にとって、シャンプーすると指に絡まる抜け毛、あるいは朝起きた時に枕についた抜け毛の多さには、大きなストレスを感じることでしょう。しかし、ある程度の抜け毛自体は生理的なもので、決して異常ではありません。

 毛髪は、生え始めてから数年はぐんぐん育っていきますが、その後は成長が止まり、やがて抜けていく運命にあります。抜け落ちた毛根からは新たに元気な毛髪が生えてきて、同じような「毛髪の一生」がくり返されます。頭髪は10万本くらいあり、そのうち毎日50本から100本くらいが抜けていくのは正常です。

 毛髪は、次のようなサイクルで発毛と脱毛をくり返しています。

  • ▼成長期……抜けたあとの毛根にある毛母細胞から新しい毛髪が誕生し、成長していく時期です。2年から5年くらいはこの成長期が続きます。頭髪の9割方は、成長期にあると言われています。
  • ▼退行期……脱毛の準備のために、成長が止まる時期です。毛根は収縮して、毛母細胞の分裂はほとんどなくなり、毛は伸びなくなります。成長期のあとの2~3週間がこの退行期になります。頭髪全体の1%程度です。
  • ▼休止期……2~3週間の退行期のあとは、毛根の毛母細胞の分裂が完全に止まる休止期になります。成長は終わり、抜け落ちるのを待っている状態です。長くとも3カ月くらいのあいだには、シャンプーやブラッシングなどによって抜けていきます。頭髪全体の10%くらいは、この休止期にあります。
  • ▼発毛準備、そして発毛……抜けてしまったからといって、落胆する必要はありません。抜け落ちた毛根では、新しい毛母細胞が誕生し、新たな成長をくり返す準備が始まっています。やがて毛根から新しい毛が発生して、次の成長期が始まるのです。

引用:血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論

ヨムトニック編集部からヒトコト!

この解説で編集部スタッフが注目したのは、薄毛対策には内科的な治療が必要、という箇所。育毛剤や育毛シャンプー、頭皮マッサージ等、頭皮から薄毛にアプローチする方法は無数にありますが、身体の内側に目を向けた対策方法というのは、多くありません。栄養補給のためのサプリメントや、厚労省が認可している育毛薬くらいでしょうか。

ヘアサイクルは生活習慣の大きく受けます。睡眠不足やストレスで頭皮の血行はかんたんに悪くなりますし、偏った食生活で髪の材料となる栄養が不足すれば、毛は細くなっていきます。

薄毛対策を考える時は、外からのアプローチと合わせて、身体の内側にもしっかり目を向けていきたいところです。

この書籍の購入ページへ

この記事で引用した書籍の著者
岡嶋 研二

[経歴]

  • 1978年 熊本大学医学部卒業
  • 1982年 熊本大学大学院医学研究科修了(医学博士)
  • 1988年 熊本大学医学部助手(臨床検査医学講座)
  • 1991年 日本学術振興会特定国派遣研究員としてウィーン大学医学部へ留学
  • 1992年 熊本大学医学部講師
  • 1996年 熊本大学医学部助教授
  • 2005年 名古屋市立大学医学部医学研究科教授
  • 2012年 名古屋Kクリニックを開院

血液学を研究する中でカプサイシンが持つ育毛効果を発見。それを応用して、カプサイシンとイソフラボンによるIGF-1育毛理論を確立し、独自性の高い薄毛治療を実践している。

著書

「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」書籍イメージ

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

参考になるページはこちら

おすすめの記事

鈴音整骨院外観

頭皮のコリだけじゃダメ?!筋肉の仕組みからアプローチする、シンプルな発毛法

薄毛の原因を筋肉のコリに絞ることで迷わず解消!  薄毛でお悩みの方にとって最も困る事はズバリ「原因がハッキリしていないた…

詳しく見る
サイエ外観

薄毛でお悩みの方必見!「ハゲのカリスマ」が語る効果的な発毛方法

『ハゲのカリスマ』として7万人以上の薄毛の悩みを解消してきておりますが、性格と同じように、100人薄毛に悩む方がいれば1…

詳しく見る
VOICE hair入口

現役美容師が教える!頭皮マッサージの効果的なやり方

30代になってくると 、 『最近、髪のボリュームがなくなった』 『髪の毛の艶がなくなってパサついて見える』 そんな声をよ…

詳しく見る

最新の記事

鈴音整骨院外観

頭皮のコリだけじゃダメ?!筋肉の仕組みからアプローチする、シンプルな発毛法

薄毛の原因を筋肉のコリに絞ることで迷わず解消!  薄毛でお悩みの方にとって最も困る事はズバリ「原因がハッキリしていないた…

詳しく見る
55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由

活性酸素は薄毛を引き起こすのか?

当コンテンツでは、書籍の出版元から特別に許可を得て、文章・画像を引用しております。私的な利用範囲を超える無断コピーは、禁…

詳しく見る
サイエ外観

薄毛でお悩みの方必見!「ハゲのカリスマ」が語る効果的な発毛方法

『ハゲのカリスマ』として7万人以上の薄毛の悩みを解消してきておりますが、性格と同じように、100人薄毛に悩む方がいれば1…

詳しく見る