育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

書籍から引用!医師・専門家のアドバイス

育毛・薄毛ケアの正しい情報

実際に書籍になっている医師・専門家の文献をそのまま公開

55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由

活性酸素は薄毛を引き起こすのか?

活性酸素による身体の酸化は美容や健康の大敵とされ、これまでさまざまな抗酸化ノウハウが生み出されてきました。この活性酸素、薄毛には一見関係のないこ...

詳しく見る
世界一簡単な髪が増える方法の表紙

意外に知らない市販育毛剤の選び方

ひと口に育毛剤と言っても、含まれている成分はさまざま。また、成分によって期待できる効果も変わってきます。 今回は、書籍「世界一簡単な髪が増える...

詳しく見る
世界一簡単な髪が増える方法の表紙

育毛にいい頭の洗い方とノンシリコンシャンプーの選び方

育毛には、清潔な頭皮環境が不可欠です。そのために気を付けたいのが、シャンプー。 今回は、書籍「世界一簡単な髪が増える方法」より、頭の洗い方とシ...

詳しく見る
世界一簡単な髪が増える方法の表紙

薄毛のタイプに合わせた効果的な育毛マッサージとは

頭皮の血行をよくするために、育毛マッサージを習慣にしている人も少なくないと思います。 しかし、薄毛の部位によって、効果的なマッサージ方法が違う...

詳しく見る
世界一簡単な髪が増える方法の表紙

ワカメより大豆?育毛のために積極的に摂りたい食べ物とは

わかめのような海藻が髪にいい、という話をよく聞きますが、栄養学的には、身近にもっと髪にいい食べ物があるのだそうです。 今回は、そんな育毛にいい...

詳しく見る
世界一簡単な髪が増える方法の表紙

水道水に含まれる塩素は髪や頭皮に吸収されるのか?

水道水には塩素が含まれている、というのは周知の事実です。しかし、それが頭皮や髪に触れたときにどう吸収されるのか、ご存知の人は少ないのではないでし...

詳しく見る
「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」書籍イメージ

髪の成長因子、IGF-1の増減に関わる生活習慣とは

髪や肌の成長を促す因子、IGF-1の量は、加齢とともに減っていってしまいます。 しかし知っておきたいのは、生活習慣によって、そのスピードは速く...

詳しく見る
「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」書籍イメージ

育毛効果だけじゃない?IGF-1が持つ効能とは

髪の成長に深く関わるとされる物質、IGF-1。その具体的な効果を、書籍「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」より抜粋して紹介...

詳しく見る
「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」書籍イメージ

薄毛対策や美容に欠かせない重要物質!IGF-1とは

髪の毛や肌の成長に深く関わる成長因子、IGF-1。あまり聞きなじみのない名前かもしれませんが、薄毛について調べようとすると、必ず目にする要注目の...

詳しく見る
「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」書籍イメージ

ジヒドロテストステロンがIGF-1を減らす?

男性の薄毛のほとんどは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが引き起こすものとされています。髪の成長を阻害するたんぱく質を作り出す、というの...

詳しく見る
「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」書籍イメージ

知られざるイソフラボンとIGF-1の関係とは?

イソフラボンはさまざまな健康効果を持つ成分として知られていますが、その作用がどこから来ているのかは、意外と曖昧です。今回は、その答えとなりそうな...

詳しく見る
「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」書籍イメージ

髪はどう生まれ変わる?知っておきたい毛の構造とヘアサイクル

髪の毛はどのようにして生えてきて、どのようにして抜けるのか。ヘアサイクル(髪の成長サイクル)についての解説を、書籍「血液学の研究グループが偶然見...

詳しく見る
「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」書籍イメージ

専門書籍から読み解く薄毛・脱毛トラブルの原因と治療方法

「なにをやっても生えてこない……」そんな疑問の回答となる情報を、書籍「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」より抜粋して紹介し...

詳しく見る