育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

同じ薄毛の悩みを探す

公開日 2018年3月30日

女性の薄毛は女性ホルモンが原因?髪との関係、知ってますか?

ホルモンのイメージ画像

女性の薄毛と女性ホルモン·男性ホルモンの関係って?

こんにちは。ヨムトニック編集部·ライターのユキです。

巷でよく聞く「女性ホルモン」。
よく耳にするけれど、その作用や女性の髪や肌への影響についての知識はぼんやりかも?という方、多いんじゃないでしょうか。

かくいう私もその一人、でした。

「女性ホルモン?あ、フェロモンね!血色よくなって髪の毛ツヤツヤになって女性っぽくなるやつね!」
と思ってた。

実はこれ、間違いなんです。
「フェロモン」はヒトの体内で分泌され、体外へ放出されるもの。 主に異性へのアピールや、自身の身の危険などを他者に知らせるための役割を担っているのだとか。(この辺はまだ科学的に解明されていないみたいです)

一方、「ホルモン」はヒトの体内で分泌され、体外へは放出されない
他者に働きかけるものではなく自分自身の体に作用する物質なので、「フェロモン」とはまったくの別モノなんです。

そしてこの「ホルモン」こそが、髪や体の健康に必要な物質!!

というわけで、今回のテーマは「ホルモンと薄毛の関係性」。 薄毛に悩む女性に向けて、ホルモンという切り口から薄毛にアプローチしたいと思います!

女性ホルモンと男性ホルモン。薄毛との関係は?

「ホルモン」には様々な種類がありますが、そのうちの「性ホルモン」は頭髪や体毛に深く関係します。

この性ホルモンには「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の2種類があり、それぞれまったく別の役割を担っています。

各々のはたらきは、大まかにこんな感じです。

男性ホルモンのはたらき

  • 筋肉質な体をつくる
  • 性欲を高める
  • 体毛の発育を促進する

女性ホルモンのはたらき

  • 丸みを帯びた女性らしい体型をつくる
  • 月経をコントロールする
  • 自律神経を安定させる

このように、男女の違いをつくりだしているのは性ホルモンのはたらきによるわけですが、実はヒトは、性別を問わず「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の両方を分泌できます。

つまり男性も女性ホルモンを、女性も男性ホルモンを分泌してるんです

男性ホルモンと髪の関係

そうそう、「男性ホルモンが多く分泌されると毛が濃くなる」って話、聞いたことありませんか?

これ、実は半分正解です。

たしかに男性ホルモンの分泌が増大することによって「毛」は増えます。
でも、男性ホルモンが作用して濃くしてくれる毛は「体毛」のみ。

「頭髪」には作用してくれないんです(!)。

つまり、男性ホルモンの分泌が増えると「髪は薄毛だけど、腕や脚の体毛はフサフサ」な状態になったりもする。
この状態、中年以降の男性によく見られるけれど、男性特有の状態ではないんです。
ホルモンバランスを崩した場合は女性にも起こりえます···

女性ホルモンと髪の関係

一方、頭髪の成長·発達に大きく関係してくるのが女性ホルモン。

女性ホルモンは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類あって、それぞれ役割を異にします。

エストロゲン

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、女性らしい体づくりをサポートする女性ホルモンのこと。
「美のホルモン」とも呼ばれ、肌や髪の新陳代謝を促し、ハリやツヤを生み出してくれます。

また、月経をコントロールしたり、自律神経を安定させ気分を落ち着かせる役割も担っています。

プロゲステロン

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、別名「母のホルモン」。
子宮内膜を厚くし、体温を上げ、妊娠の継続をサポートしてくれる女性ホルモンです。
妊娠に備えて栄養や水分を体内に蓄るため、代謝を鈍くするはたらきも。

プロゲステロンは排卵後から次の月経までに多く分泌され、この期間は体のだるさや気分の落ち込みなどの体調変化があります。
女性ホルモンといっても、エストロゲンとプロゲステロンはまったく異なるはたらきをするんですね。

「エストロゲンは大歓迎だけど、プロゲステロンは何だかやっかいなホルモンだな···」と感じるけれど、実はこの2つが一定の周期でバランス良く分泌されることによってヒトは健康な状態を保っているわけです。それは、体だけでなく髪も同じ

そして、女性の薄毛に深く関わっているのが、女性ホルモンのうちの「エストロゲン」です。

エストロゲンが髪を成長させる!

頭髪に作用してくれるのは、2つの女性ホルモンのうちの「エストロゲン」です。

ヒトの髪は成長してから抜けるまでのヘアサイクル(毛周期)を繰り返しますが、このヘアサイクルを整えるのがエストロゲン。

エストロゲンのはたらきによりヘアサイクルが健康的になると、頭髪の成長期が長くなり、一本一本がしなやかで強い髪に育つんです。

逆にエストロゲンの分泌量が減少しプロゲステロンとのバランスが崩れると、まず髪にパサつきやうねりが生じやすくなります。

もう少し進行すると、ヘアサイクルが乱れ、頭髪の成長期が短くなってきます。
成長期が短くなるということは、産毛のような弱々しい状態のまま髪が抜けてしまうということ。

髪の本数じたいは減らなくても、一本一本が細い髪にしか育たないので、髪全体がボリュームが失われ、スカスカの状態に···

女性の薄毛の原因!ホルモンバランスの主な変化3つ

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンがバランス良く分泌されているとき、髪は健康な状態を保つことができます。

逆に、薄毛はホルモンバランスが乱れた証拠ともいえそう。
じゃあどうしてホルモンバランスが乱れるんでしょうか?

育毛ホルモンともいえる女性ホルモン·エストロゲンが減少する大きな原因はこの3つです。

原因1:出産によるホルモンバランスの変化

産後の女性の半数以上が抜け毛に悩むといわれます(分娩後脱毛症)。

出産による薄毛の原因は、産前産後の急激なホルモンバランスの変化

妊娠中の女性はエストロゲンの分泌が増大するため、本来なら自然に抜けるはずの髪が頭皮に留まります。

ところが出産直後にエストロゲンの分泌量は激減。妊娠中に抜けにくくなっていた髪が出産後、一気に抜け落ちます。

というわけで、出産後の抜け毛は一時的なもの。

母体が回復し、ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻れば、きちんと髪が生えてきます。

原因2:閉経(更年期)によるホルモンバランスの変化

女性ならいずれ経験する閉経。

日本人女性の平均閉経年齢は50歳ごろといわれていて、その頃になるとエストロゲンの分泌量が急激に減少し、男性ホルモンの分泌が活発化します。

そして、この女性ホルモンの急激な減少が薄毛や抜け毛の原因です。

男性の脱毛症とは異なり、頭髪全体が薄くなる症状、いわゆるびまん性脱毛症やFAGA(女性男性型脱毛症)といわれる症状を発症しやすくなります。

原因3:その他一時的なホルモンバランスの変化

出産はしていないし、加齢が原因だというほど歳を重ねてない···

でも髪が抜ける、薄毛が気になる···

という場合は、ストレスを疑ってみてください。ストレスによるダメージで、脳がホルモン分泌の指令を正常に下せなくなっている場合があります。

ここで注意!ストレスって、自覚していないケースも多いんです。

体、いじめてませんか?睡眠不足や不規則な生活、偏った食生活、無理なダイエットによる栄養失調など、肉体的なものもストレスの一部。思っている以上に体に負担がかかってます。

もちろん精神的なものもNGですよ!

実践!女性ホルモンを活性化するためにできること

女性の薄毛対策には女性ホルモンの正常な分泌が必要ってこと、よくわかりました。

薄毛を避けるには女性ホルモンを増せばいいんじゃない?

と、思いますよね。

でも、結論から言うと、女性ホルモンを増やすことはできません。

女性ホルモンの分泌量は20代後半~30代前半にピークを迎え、そのあとは減少を続けるのみ

個人差があるものの、女性ホルモンの分泌量は決まっており、年齢とともに自然に変化していくもの···

こればかりは仕方ないようです。

年齢に抗うことはできないけれど、「女性ホルモンを補う」「女性ホルモンを無駄遣いしない」というやり方で薄毛対策はできます!

対策1:規則正しい生活

そんな!なんて普通なことを···!

と、ちょっと思いました?

そうかも。でもこれが健康のための王道。薄毛対策も同じです。

まず、栄養バランスの良い食事をとりましょう。「女性の薄毛に効く」と言われる大豆イソフラボンなどでも女性ホルモン自体は増やせません。でも、栄養バランスの偏った食事は女性ホルモンにも良くないです。

それから、睡眠不足は避けましょう。自律神経が乱れ女性ホルモンにも悪影響。個人差はありますが、最低7時間の睡眠が必要といわれています。

毎日ちゃんと眠れてますか?

対策2:とにかく温める

冷えは万病の元ですが、女性ホルモン減少による薄毛にとっても冷えは大敵

血行をスムーズにするため、できれば入浴、マッサージは意識的にやっていきたいところです。

また、血行と代謝を良くするために軽い運動もオススメです。

私のオススメはヨガアプリ!ヨガ初心者でも自宅でカンタンにできます。

イラストもおしゃれで可愛い無料アプリも多いので、ぜひダウンロードして使ってみてください!

対策3:自分だけの楽しみ、自分だけのストレスケアを見つける

ストレスは女性ホルモンの分泌に影響します。

というのは、女性ホルモンの分泌を命令する脳の司令塔「視床下部」と「脳下垂体」がストレスに弱いから。ストレスの解消は意識的にする必要があります。クッションを殴る、新聞を破るなどの行為もOK。かなり効果的です。

スッキリしたあとは、楽しいことやワクワクすることを見つけるのも大事!

楽しさでワクワク·ドキドキしているときに大量に分泌される「ドーパミン」···

このドーパミンを分泌させる神経は、エストロゲンの分泌を命令する「視床下部」を通ります。

ドキドキ·ワクワクすることを発見して、女性ホルモンに良い影響を与えましょう!

関連記事

考える女性

女だってツライよ。女性特有の症状・FAGAの原因はコレだ!

女性の薄毛
手でバツを作る女性

試してみたい&やってはいけないFAGA対策まとめ

女性の薄毛
調べものをする女性

【薄毛歴20年の本気】ガチ薄毛の女性ライターが改善策を探してみた

女性の薄毛
色紙

リアル薄毛の女性ライターが薄毛の種類について調べてみた

女性の薄毛
辞書

FAGAとは何ぞや…?30代女子が調べてみた。

女性の薄毛
赤ちゃん用のバスタブ

【ママ目線】出産後の薄毛はこう治す!分娩後脱毛症の原因と対策

女性の薄毛