育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

同じ薄毛の悩みを探す

公開日 2018年5月30日

腸内環境改善が育毛に効果的?腸と薄毛の関係とは

腸

腸と育毛の関係

「腸内環境を整える」なんていう言葉をよく耳にしますが、腸と髪の毛との関係を意識したことがある方は、少ないのではないでしょうか。

実は腸の働きは髪の毛や頭皮とも深く関わりがあるのです。その関係性について、詳しく見ていきましょう。

そもそも腸の働きとは

第二の脳と呼ばれているほど、私たちの体にとって重要な臓器が“腸”です。たくさんの情報を受け取るための神経細胞が張り巡らされています。

腸は、消化吸収を行う小腸と便を作る大腸で形成されています。大腸には、数兆個という細菌が存在しており、大きく善玉菌と悪玉菌の2種類に分けられます。

善玉菌には悪玉菌の増殖を抑えて有害物質が生成されるのを抑えたり、食べ物の残りカスを分解してビタミンなどの有用な物質を作り出すなどの役割があります。

「腸内環境を整える」とは、この善玉菌と悪玉菌のバランスを、善玉菌が優位になるように整えるということ。善玉菌を増やすことで、便秘解消や美肌など様々な効果が期待できるというわけです。

腸内環境の悪化が薄毛に繋がる理由

ではなぜ腸内環境が悪化することで、抜け毛や薄毛の原因になってしまうのでしょうか。

腸は、食べ物からの栄養を体に取り込むための大切な役割を果たしています。しかし腸内環境が悪化することで、栄養を吸収するのが難しくなってしまいます。吸収する栄養が少なくなってしまうと、体全体に栄養が行き渡らなくなってしまい、髪の毛が育たなくなってしまうというわけです。

さらに、腸内環境が悪化すると、ガスや老廃物が体に蓄積されます。腸の中にそういった不要物が溜まってしまうことで、体全体の代謝が悪くなり、頭皮環境にもダメージが加わります。

頭皮マッサージや育毛剤など、外からのケアも大切ですが、体の中から綺麗にすることも、抜け毛や薄毛予防には欠かせないということですね。

腸内環境を改善するために

腸内環境を改善するための方法を以下にまとめます。この方法を取り入れたからといって、劇的に薄毛が改善するとうわけではありませんが、少しずつ時間をかけて生活習慣を見直すことで、育毛の効果が期待できます。

腸に良い食品を摂る

善玉菌を多く含む食品を、意識して毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

まず積極的に摂りたいのが食物繊維。腸内の有害物質を排出しやすくする水溶性食物繊維、腸に留まり糖質の吸収をゆるやかにする不溶性食物繊維をバランスよく摂取してください。

乳製品や大豆製品などに含まれるオリゴ糖や、ヨーグルト・チーズなどの動物性乳酸菌、みそ・漬物などの植物性乳酸菌も、腸内環境改善におすすめです。

一度の食事でたくさん摂るのではなく、毎日少しずつ継続して摂るのがおすすめです。

運動をする

適度な運動をすることで、全身の血流が良くなります。自律神経が整い、腸の活性化にもつながるため、毎日少しでも体を動かすようにしましょう。

まずは、ラジオ体操やストレッチ、30分程度のウォーキングなど、軽い運動からスタート。ストレスになってしまわないよう、出来ることから始めてみてください。

生活習慣を整える

これは腸内環境を整えるだけでなく、全てのことにもいえることですが、生活習慣を整えることは私たちが生きていくうえでとても大切なことです。

早寝早起き、栄養バランスの良い食事、適度な運動、十分な休息を心がければ、腸内環境は次第に良くなります。

関連記事

辞書とペン

10倍わかる!育毛剤のキホン知識

薄毛
粉末

知っておきたい髪の毛とアミノ酸の関係

薄毛
夏のイメージ

夏になると抜け毛が増える?その理由と対策

薄毛
サングラスをかけた赤ちゃん

頭皮の日焼けはハゲの原因?対処法と予防法まとめ

薄毛
マジョラム

マジョラムエキスの育毛効果は?副作用はあるの?

薄毛
17型コラーゲン

注目の育毛成分!17型コラーゲンの育毛効果とは

薄毛