育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる
           

薄毛に関する疑問を徹底解剖!

公開日 2017年10月30日

ダイエットによる抜け毛のよくある疑問・回答まとめ

ダイエットと抜け毛

基本的なギモン

ダイエットのせいで髪がパサつくことはあるの?

ダイエットの影響で髪のパサつきが起きることはあります。

その理由は、偏った食生活をしていると髪に必要な栄養素が不足してしまうからです。

そもそもパサつきとはどんな状態かというと髪を守っているキューティクルと言われる子皮が傷んでいることを言います。

キューティクルはタンパク質のケラチンが主成分なのですが、体内でタンパク質の他にビタミンやミネラル類が不足しているとこれが生成できなくなるのです。そうなるとキューティクルが痛んで髪がパサつくというわけです。

この髪のパサつきを放置してしまうと髪がまとまらなくなるだけでなく、細く抜けやすくなってしまうので要注意です。

ダイエットは抜け毛の原因になる?

ダイエットが抜け毛の原因になることはあります。

ダイエットにもいろいろ方法がありますが、過度に食べる量を減らしたり制限すると抜け毛のリスクだけでなく、免疫力低下や身体全体の栄養不足をもたらします。

髪の成長に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が足りなくなると、髪の毛が細くなったり切れ毛や抜け毛が増えることになります。抜け毛改善のためには食事制限ではなく朝・昼・晩しっかり食べつつ運動でダイエットするなど別の方法を検討すべきです。

糖質制限と抜け毛は関係がある?

適度な糖質制限は問題ありませんが、ダイエットの結果を急ぐあまり過度な糖質制限を行うと抜け毛が増えることがあります。

よく炭水化物ダイエットというのを聞きますが、炭水化物は糖質と食物繊維で構成されるので糖質制限をするのと同じです。

糖質を制限するとエネルギー確保のためにタンパク質を分解し使うようになります。たんぱく質は髪の主成分ですから、過度な糖質制限でたんぱく質不足になると髪に栄養が行かなくなります。

さらに過度な糖質制限がストレスになっている場合は自律神経を乱して血流が悪くなり、抜け毛を加速してしまいます。

運動によるダイエットでも抜け毛は増える?

運動ダイエットをすると抜け毛が増えるかどうかはダイエットの中身によって違います。

ウォーキングや水泳などの有酸素運動は髪を育てるための酸素が取り込まれますし、ストレスを発散することで抜け毛を抑える効果も期待できます。

しかし激しいスポーツをしたり筋力トレーニングなどの無酸素運動は逆にストレスになってしまい、やり過ぎると髪にはあまりよくありません。ダイエット的には有酸素運動と無酸素運動の組み合わせも必要なのですが、過度な運動は抜け毛予防にとってはマイナスになります。

ダイエットが原因で抜けた毛は生えてくる?

過度なダイエットが原因で抜けてしまった毛は、バランスのよい食事に切り替えて栄養不足を解消すれば改善されます。

但し、一度ヘアサイクルが乱れてしまうと元の状態に戻るまでには半年から1年程度かかります。

抜け毛に悩んでそれがストレスになっている場合や拒食症のような状態になっていて食べられなくなっているような場合は、さらに時間がかかることも考えられますので、そのまま放置せずに医師と相談することをおすすまします。

薄毛にならずに痩せるにはどうしたらいい?

食事制限によるダイエットを行う限り薄毛・抜け毛のリスクを伴いますので、別の方法を考えるしかありません。

必要最低限の食事に抑えるという考え方がありますが、その場合も髪の成長のために栄養が使われないのでリスク回避はできません。

ダイエットには食事制限以外にも適度な運動を毎日続けることで脂肪を燃焼して痩せる方法もあります。こうした方法であれば身体全体の血流が良くなりますし、ストレス解消効果も期待できるので薄毛予防の観点からもおすすめできる方法です。

対策方法についてのギモン

亜鉛をサプリで補えば大丈夫?

亜鉛は髪の毛の生成に必要おなるミネラルの一種ですが、亜鉛サプリの摂取だけでは不十分です。

亜鉛が薄毛や抜け毛に効果的とされるのは、髪の毛を構成するケラチンというタンパク質を生成するのに必要となるからです。

亜鉛を体内に吸収するためにはビタミンB群やビタミンCの助けも必要になるため、できれば食物から摂取することを主として、サプリは補助的に使用することが望まれます。そもそもサプリメントには明確な定義がなく、亜鉛サプリの抜け毛予防の医学的根拠はありません。

髪の毛のために食事で気を付けなければならないことは?

偏りのない栄養バランスのとれた食事をすることが抜け毛予防には必要です。

例えば肉を食べる時は必ず野菜や海草類も一緒に食べてビタミンやミネラルを補給するといった心がけが大切になります。

髪の大部分を占めるのはタンパク質ですが亜鉛も同時に摂取することが必要と言われていますし、ビタミンは皮膚の粘膜を保護したり細胞を再生、カルシウムや鉄分も髪のツヤを維持するのに必要です。ダイエットだからと言って肉を全く食べないのは髪を育てるという意味ではマイナスです。

抜け毛で髪が薄くなった場合、どういうケアをすべき?

食生活や生活習慣の見直し以外に日々の暮らしの中でできる抜け毛ケアにはいくつかあります。

意外と簡単なことで改善することがありますので、まずは以下の3つを試してみてください。

シャンプーについて

抜け毛や薄毛には洗浄力はあまり高くなくても低刺激性のものを使用する方が効果的です。育毛シャンプーのようなものは爽快感を出すために刺激が強い成分が配合されていることもあります。強い洗浄成分の入っているシャンプーよりも、無添加の刺激の少ないシャンプーで頭皮をマッサージするイメージで洗髪するのがよいでしょう。

ドライヤーについて

髪は生乾きのまま自然乾燥よりもドライヤーを使って乾かした方がヘアケアにはよいのですが、少なくても20cm以上はドライヤーを離して温風を当てるようにしてください。肌近くを熱風にさらすと乾燥して頭皮環境が悪化してしまうからです。

育毛剤について

市販の育毛剤は急激な改善はそれほど期待できませんが、頭皮環境を整える目的で使用することは問題ありません。ミノキシジルなど医薬品の育毛剤を使用する場合は、副作用が出る可能性もありますので、できれば医師と相談して自分に合ったものを使用することをおすすめします。

その他のギモン

ダイエット以外に抜け毛が増える原因はある?

過度なダイエットは抜け毛の要因になりますが、それ以外の原因で起きることも数多く考えられます。

薄毛や抜け毛が気になり始めたら以下のような理由を疑ってみてください。

AGA

男性が抜け毛や薄毛になる理由のかなりの割合がAGA(男性型脱毛症)によるもので成人男子の3人に1人がAGAに悩んでいると言われています。活性化した男性ホルモンDHTの影響でヘアサイクルの成長期が短くなるのが原因で、遺伝的要素が強いのが特徴です。

FAGA

女性男性型脱毛症のことでAGAの女性版ですが、男性とは発症メカニズムが異なります。加齢や生活習慣などの影響で女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンの割合が高くなることが影響していると言われますが、男性のように部分的にどんどん進行することはありません。

ストレス

強いストレスを感じると抜け毛が増えることがあります。これは自律神経の乱れなどで血管が収縮し、血流が悪くなることで毛根部に栄養が届かなくなるのが原因と言われています。また突発的に起きる円形脱毛症もストレスが影響していると考えられています。

間違ったヘアケア

頭皮を不潔にするのが抜け毛の原因になることはわかりやすいですが、洗い過ぎも抜け毛を誘発してしまいます。過度の洗髪は頭皮に異常に脂質を分泌させてしまい炎症を起こして頭皮環境が悪くなるからです。またシャンプー後のすすぎが不十分でも薄毛や抜け毛を増加させてしまいます。

喫煙

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があるため喫煙習慣は抜け毛の原因の一つになります。喫煙により常に血流が悪い状態が続くことになるため、髪の成長に必要な栄養が毛根にまで届かずに抜け毛が増えてしまうのです。

睡眠不足

夜更かしをするなど睡眠不足の状態が続くと抜け毛が加速することになります。成長ホルモンは夜間に分泌され、その間に昼間に受けた髪のダメージを修復するのですが、その時間に眠らずに起きていると成長も修復もできなくなるからです。