育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる
           

薄毛に関する疑問を徹底解剖!

公開日 2018年3月28日

薄毛とEDの関係についてのよくある疑問・回答まとめ

EDに悩む男性のイメージ

薄毛とEDの関係についての基本知識

薄毛とEDに相関関係はありますか?

大都市の繁華街などで開業しているメンズクリニックにおいて、診療の2大項目となっているのが、薄毛治療とED治療です。

中には育毛薬とED治療薬の処方を、専門的に行うクリニックがあるほど。つまり薄毛とEDは、成人男性を悩ませる2大要因と言うことができます。

しかしこの2つの症状に、相関関係はありません。どちらか言えば「相反する」と言った方が正しいかも…。いずれにも男性ホルモンが密接に関わっているのですが、真逆の影響を与えています。即ち、男性ホルモン分泌が盛んなほど薄毛は進みがちで、男性ホルモン分泌が低下しているほど、EDになりやすいからです。

もちろん薄毛にもEDにも、その他の要因はありますが、ホルモン分泌の影響は無視できません。悩ましいところですね。

薄毛とEDが併発することはありますか?

2つの症状の主な原因が『加齢』にある場合、併発も考えられます。

「もう齢だから」とあきらめられる人は良いですが、「まだまだ現役でいたい」と考える人は、双方の治療を希望するかも?こうしたケースでは、薄毛治療薬とED治療薬を併用することになるかもしれません。種類によっては、飲み合わせが重篤な副作用を引き起こすこともあるので、必ず医師の診療を受け、その指導を守るようにしましょう。

また若い男性でも、薄毛のコンプレックスからセックスに対して消極的になり、『心因性ED』に陥ってしまう可能性もあります。薄毛を必要以上に気に病んでいても、良い事はありません。前向きな気持ちで改善へ臨んでいきましょう。

さらに何らかの理由で血管や血流に問題が起きている場合、高齢者でなくても薄毛とEDが併発する可能性はあります。健やかな育毛に良好な血流が必要なこと、そして順調な勃起には海綿体への充血が必要なことは、皆さんご存知の通り。もっと具体的に言うと、頭皮には毛細血管が通っており、ペニスには細い血管が通っています。これらへの血流が阻害されると、さまざまな問題が併発しやすくなるのです。特に注意なのは生活習慣病で、心臓や脳に通る太い血管の血流さえ阻害する可能性があります。こうなると薄毛やEDどころの話ではなく、生命を脅かす発作が引き起こされるかもしれません。健康診断などで注意を喚起された人は、地道に改善へ取り組んでくださいね。

薄毛治療でEDになることがある?

残念ながら、可能性はゼロではありません。

まず、著名な育毛薬『プロペシア』に含まれている成分『フィナステリド』は、薄毛を促進させる因子『ジヒドロテストステロン』の働きを阻害します。しかしこのジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一部。阻害されることで、勃起などの男性機能に影響を与える可能性は否定できません。

また『ミノキシジル』がEDを引き起こす、という風評も根強く流布されています。

しかしこちらには、科学的根拠なし。ミノキシジルには血管の拡張作用があるため、むしろEDの改善に役立つのでは、と感じられるほどです。特に頭皮へ塗布するタイプのミノキシジルについて、不安を感じる必要はなさそうです。

ED治療で薄毛になることがある?

ED治療薬のおかげで良好な勃起を維持できるようになり、性生活への不安が解消された男性は数多くいます。

しかし、その副作用のひとつとして薄毛を心配する声が挙がります。

ED治療薬の主な作用は、勃起に必要な血流をスムーズに起動させることにあります。このため、育毛に直接的な悪影響を与える可能性はありません。

海外で行われた実験でも「ED治療薬が脱毛を引き起こす」という結果は、ほとんど導き出されなかったそうですよ。

予防・対策についての基本知識

セックスしすぎると、薄毛になる?

治療薬のおかげでEDが解消したので、セックスしまくり…、そんなハッスル状態が薄毛を引き起こすのではないか、と心配する向きもあるようですね。

しかし男性の薄毛を進行させるホルモン·テストステロンは、むしろ禁欲中に高まる傾向があるそうです。このためセックスの頻度が薄毛の直接的な要因となる可能性は、ほぼなさそうです。

ただし精子を作るために必要なミネラル·亜鉛は、育毛にも同様に必要です。射精の回数が急激に増えることで、亜鉛が不足状態となる可能性は、なきにしもあらず。「どうしても不安」という場合は、食事やサプリメントから、亜鉛を積極的に摂取しましょう。

薄毛とED改善に役立つ成分はある?

上部で亜鉛の有用性を紹介しましたが、ほかにも薄毛とED改善に役立つ成分はあります。

そのひとつが『セレン』。ミネラルの一種で、強い抗酸化作用があることで知られます。老化現象のひとつであるEDの改善にひと役買ってくれるほか、精子の活力増強や前立腺がんの予防に働くなど、その生殖機能サポート力には注目の価値あり。

もちろん、酸化減少としての抜け毛を防ぐ効果も期待できます。ただし過剰摂取は逆効果なので、サプリなどから摂取する場合は、目安量を遵守して下さい。