育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる
           

薄毛に関する疑問を徹底解剖!

公開日 2018年1月31日

抜け毛と頭皮にかんするよくある疑問·回答まとめ

抜け毛のイメージ

頭皮の状態と抜け毛の関係

乾燥していると抜け毛が増える?

頭皮が乾燥しているとフケやかゆみが出やすくなり抜け毛が増えます。頭皮は十分に水分が保たれている状態だと外部からの刺激を受けても頭皮を守るバリア機能が働くのですが、乾燥するとそれが無くなってダメージを受けてしまいます。

その結果フケやかゆみを生じるようになり、フケが大量に発生するようになると毛穴を塞いで頭皮に炎症が起きます。その状態ですでに良くないですが、そこで頭を掻いてしまうとさらに頭皮環境が悪化して、抜け毛が増えることになります。

皮脂の量と抜け毛は関係がある?

皮脂は適度の量であれば問題ないですが、過剰に分泌されると抜け毛の原因になります。そもそも皮脂は頭皮の水分を保つためのバリア機能の役割を持っているのですが、必要以上の多く分泌されると頭皮トラブルを起こす原因となります。

皮脂が過剰になってしまうのはもちろん洗髪不足もありますが、逆に洗いすぎると足りなくなった脂分を補おうとして皮脂の過剰分泌が起きてしまいます。頭皮の場合はそれが毛穴を塞ぎ、雑菌が繁殖して炎症を起こします。脂漏性脱毛とはこの皮脂の過剰分泌が原因となって発症するのです。

頭皮の色が赤いのは大丈夫?

頭皮が赤い場合は今は大丈夫でもそのまま放っておくと薄毛が進行する可能性があります。なぜなら赤い頭皮は血行不良によるうっ血や皮脂が過多になっているなどの原因で炎症が起きているサインだからです。

頭皮の血行不良や炎症は抜け毛·薄毛の代表的な原因として知られています。本来の頭皮の色は青白くなるのが健康の証拠ですので、生活習慣の見直しをして睡眠不足やストレスを解消し、バランスの良い食生活を心がけるようにしてください。

頭皮が硬いと抜け毛が増えるって本当?

頭皮が硬いのは血行不良で十分に栄養が届いていない可能性が高いため、抜け毛は増えると考えられます。そのメカニズムは肩こりとほぼ同じです。肩は頭と腕を支えていて負担の大きくなると筋肉が硬くなって血管を圧迫し血行が悪くなります。

頭皮の組織もこれと同じで血行不良になると凝った状態になってしまうのです。すると本来は頭皮まで届くはずの髪の栄養成分が届かなくなり成長を阻害してしまいます。頭皮が硬いと抜け毛が増えるのはそのためです。

頭皮の硬さはどう判断する?

頭皮の硬さを判断するためには自分の握りこぶしの一部の硬さと比較することでチェックすることができます。じゃんけんのグーの状態にして手の甲を上に向けてください。指で押してみると場所によって硬さが違うことがわかるでしょう。

比較するのは、親指と人差指の付け根の少し盛り上がった場所、手の甲のちょうど中心に当たる場所、中指の付け根の骨が突き出た場所です。この中で中指の付け根の骨が突き出た場所と頭皮が同じくらいの硬さになっている場合は要注意です。

頭皮はどういう原因で硬くなる?

頭皮が硬くなって血流が悪くなってしまう原因としてはストレスや睡眠不足、バランスの悪い食生活などが考えられます。特にストレスは頭皮だけでなく身体全体の血行不良を引き起こして新陳代謝を悪くします。また睡眠不足は髪の成長にも関わるので薄毛を改善するためにも良質な睡眠が望まれます。

さらに食生活が乱れていて外食ばかりしているような状況では肉中心になって脂肪分が多くなります。野菜や魚、大豆食品など血液をサラサラにするための栄養が不足すると血流が悪くなってやがて頭皮を硬くしてしまうのです。

抜け毛対策について

頭は毎日洗った方が良い?

洗髪の頻度は個人の皮脂量の差や性別、年齢などによって適切な回数は変わるので一概には言えません。まずは1日1回のシャンプーを心がけるようにして、自分の頭皮の状態がどうなっているかをチェックしてください。

それで頭皮が乾燥するような場合は2日に1回にしてみる、逆に頭皮がベタつくようであればシャンプーを使用するのは1回にしてお湯のみの洗髪を増やすなど回数の調整をします。シャンプーを使って何回も洗髪すると皮脂を落とし過ぎてしまうので要注意です。

頭皮マッサージは効果ある?

頭皮マッサージだけやれば抜け毛が完全にストップするわけではありませんが、マッサージにより血行を良くすることで改善の一助にはなると考えられます。なぜなら抜け毛の原因は血行不良の他にも様々な要因が複雑に絡み合っているからです。

女性であれば妊娠·出産などのホルモンバランスも影響しますし、食生活の乱れや睡眠不足などの生活習慣によっても抜け毛の状態は変わります。頭皮マッサージは抜け毛改善方法の一部であってすべてではないということを頭に入れておきましょう。

日常気を付けるべきことは?

頭皮の状態はどのように日常生活を送っているかによって大きく左右されます。以下の点に注意して頭皮ケアを心がけましょう。

栄養バランスの整った食事

抜け毛予防には栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。偏食をしたり過度なダイエットにより栄養不足になると髪の毛が細くなって抜け毛を増やしてしまうからです。3食食べていてもバランスが悪ければ何の意味もありません。

特に肉中心の食生活をしている場合は魚や野菜中心の食事をすることです。肉を食べる時は豆腐や納豆などの植物性たんぱく質も合わせて食べたりビタミン、ミネラルなどを積極的に摂って栄養素の偏りがなくなるように注意してください。

十分な睡眠

睡眠不足が続くと髪の成長が阻害されてしまう可能性があります。なぜなら髪を育てるための成長ホルモンは夜の10時から2時までに分泌され、その間に昼間に受けた髪のダメージも修復されるからです。

抜け毛を減らしたいと考えるのであれば、できるだけ早い時間に就寝して十分な睡眠を取らなければなりません。睡眠不足になるとストレスも感じやすくなりますのでダブルパンチです。髪のメンテナンスだと思ってしっかり寝るようにしてください。

ストレスケア

ストレスは頭皮環境や抜け毛だけでなく身体全体の様々な場所に影響します。人は強いストレスを受け続けると、自律神経に乱れが生じます。交感神経と副交感神経がバランスが崩れると内臓機能が低下してしまいます。

また交感神経が優位になると興奮して眠れなくなるばかりか、血管が収縮するので血流が悪くなり髪の成長に必要な栄養が届かなります。適度な運動や自分の好きなことに没頭するなど、溜まってしまったストレスを解消することが抜け毛予防の第一歩です。

育毛剤や育毛シャンプーで抜け毛対策できる?

市販の育毛剤や育毛シャンプーは頭皮環境を整える作用はありますが、抜け毛や薄毛を根本的に改善して髪を増やすことはできません。それだけで解決するのであれば、これだけ抜け毛に悩む人はいないでしょう。

抜け毛の原因は様々ありますので対策も多面的なアプローチが必要です。すでにAGAの治療を受けていてミノキシジルの育毛剤を使用していてもそれだけでは不十分です。日頃の頭皮ケアや生活習慣の改善なども含めセットで考えるべきです。