育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる
           

薄毛に関する疑問を徹底解剖!

公開日 2018年4月27日

抜け毛と整髪料についてのよくある疑問·回答まとめ

ヘアワックス

基本的なギモン

整髪料の使用は薄毛を促進させてしまいますか?

多くの男性は髪型を整える際、整髪料を使用しています。一度習慣になってしまうと、整髪料なしでどのようにスタイリングすれば良いのか、わからなくなってしまいますよね。しかし、薄毛を促進させてしまう可能性があるなら、慎重にならざるを得ません。

結論から言ってしまうと、整髪料が薄毛の原因になることはありません。ただし、懸念事項が多いのも事実です。まず整髪料の多くには、気になる成分が含まれています。それが界面活性剤です。

【界面活性剤とは】

  • 水と油など、混ざりにくいものの界面に働きかけ、混ざりあう状態を実現させる物質。
  • 汚れを落とすのに役立つため、シャンプーや洗剤、そして石鹸などに含まれている。
  • 整髪料に含まれる理由は、髪を柔らかくし、スタイリングしやすくさせる働きがあるため。

この界面活性剤は、刺激が強いことで知られます。洗剤を頻繁に使用していると、手の肌が荒れてしまうことがありますよね?その症状は、界面活性剤の悪影響であることが多いのです。

また整髪料の中には、油分を多く含むものもあります。ただでさえ皮脂が多い、という人は要注意ですね…。

これらの成分が頭皮についてしまうと「皮膚の荒れや炎症が引き起こされる」、「毛穴が塞がれてしまう」などのリスクが高まります。

薄毛が気になる人が整髪料を使用する際は、髪の毛の中間~毛先にかけて馴染ませ、整髪料が頭皮に触れないよう、細心の注意を払ってください。

対策方法についてのギモン

整髪料の種類によって、使用法を検討する必要がありますか?

近年、男性の整髪料はバリエーションが急増しました。「薄毛を気にしている人」が使用する際、留意したい点を種類別にまとめてみましたので、以下をチェックして下さい。

【ワックス】

手軽にスタイリングできる整髪料として、主流になりつつあるのがこちらです。

ただし、薄毛の人は使用を慎重に。ワックスには油分が多く含まれています。先述のように、油分は頭皮にさまざまな悪影響を与える可能性があります。あくまで「毛先のニュアンスを出す」程度に活用して下さい。

【ジェル】

ジェルタイプの整髪料はひと昔前の主流でしたが、使用する際、手が必要以上にベタつくため、近年はワックスの人気に押されがちな様子。それでも根強い人気はありますし、オールバックなどのヘアスタイルをしっかりと実現させたい際に、重宝します。

しかしジェルには界面活性剤が多く含まれています。本ページの上部で記したように、界面活性剤は頭皮トラブルの原因となる可能性あり。薄毛が気になりだしたら、使用は控えた方が良いかもしれません。

【スプレー】

使用する際に手を汚さないスプレーは、人気の高い整髪料です。他の整髪料に比べると水分も少ないため、くせ毛の人から選ばれることも多くなっています。またハードからアレンジタイプまで、選択肢も非常に豊富。「ガッチリ固めたい」という日だけ、スプレーを使うという人も多いのではないでしょうか。

しかしヘアスプレーには、気になる成分が多く含まれています。界面活性剤や油分だけでなく、シリコンや「セット樹脂」などが添加されている場合も…。

またスプレーはコントロールが難しいため、髪の毛の根元を整えようとして、頭皮に噴射してしまうケースも多発しがちです。使用の際は充分に注意しましょう。

整髪料を使用した日に注意したいポイントとは?

頭皮トラブルを招き、薄毛を進行させる心配のある整髪料ですが、注意深く使用していれば、問題はありません。しかし「頭皮に触れないようにセットすれば、それでOK」というわけではなく、以下の点にも留意する必要があります。

まずは、必要以上の量を手に取りすぎないこと。手に余るほどの量だと、整髪の際に頭皮に触れるリスクがどんどん高まってしまいます。少量ずつ慎重に、ポイントごとに時間をかけ、丁寧にセットするよう心がけて。またヘアスプレーの場合は、頭からなるべく話した位置から吹きかけるようにして下さい。

そして最も重要なのが「整髪料を使ったら、必ず髪を洗い、しっかりと落とす」こと。「お風呂に入るのが面倒くさい」と、整髪料をつけたまま眠ってしまうのは絶対にNGです。就寝中は後頭部を中心に、毛髪が頭皮へ直接触れることになります。整髪料の成分が残っていると、慎重なスタイリングの努力が、すべて水の泡になってしまいますよ。

洗髪の際は、いきなりシャンプーを付けるのではなく、まずお湯で髪の毛についた整髪料を、丁寧に洗い流します。その後、頭皮を優しくマッサージして汚れを落としたうえで、シャンプーでの洗髪へと移りましょう。

ただし、洗いすぎは禁物。「整髪料が頭皮に悪いから…」と、何度もシャンプーを繰り返してしまうと、却って頭皮の乾燥を招き、育毛環境を悪化させてしまいます。「薄毛が気になりだしたら、シャンプーは1日1回」という基本ルールを遵守し、健康な頭皮をキープして下さい。