育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる
           

薄毛に関する疑問を徹底解剖!

公開日 2017年10月30日

頭皮のかゆみと抜け毛についてのよくある疑問・回答まとめ

頭皮のかゆみ

頭皮のかゆみと抜け毛について

頭皮のかゆみと抜け毛は関係ある?

必ずというわけではありませんが、関係している可能性はあります。

頭皮のかゆみは、過剰な皮脂か、乾燥によって引き起こされます。度合いにも寄りますが、皮脂の量や乾燥具合は、かゆみやフケを伴う皮膚病を引き起こすことがあるため、注意が必要です。

ちなみに、頭皮に異常を引き起こす皮膚病には、以下のようなものがあります。

脂漏性皮膚炎

過剰な皮脂が皮ふの炎症を引き起こしている状態です。初期は、毛穴に詰まり、酸化した皮脂がイヤな臭いを発します。進行すると湿疹やかゆみ、フケなどが発生し、頭皮の状態が悪化していきます。

症状が進むと抜け毛を引き起こすこともあるため、できるだけ早い段階での対策が重要となります。

皮脂欠乏症皮膚炎

汗や皮脂の分泌が少ないと、頭皮が乾燥し、肌のバリア機能が低下します。こうした状態の肌は敏感になっており、ちょっとした刺激でかゆみや炎症などを引き起こしてしまいます。この状態を、皮脂欠乏症皮膚炎と言います。

大気が乾燥する冬などは症状が悪化するため、状況に応じてしっかり保湿ケアを行うことが大切です。

接触性皮膚炎

シャンプー、リンス、コンディショナー、ワックス等、頭皮に何らかの化学成分が付着することで起きる皮膚炎です。たんなる刺激で起こるものと、アレルギー反応によって引き起こされるものがあります。

とくにアレルギーについては、一度反応を起こしてしまうと治りませんので、炎症の原因物質を特定して、可能な限りそれを避けることが重要となります。

頭皮がかゆい原因は?

乾燥や皮脂の過剰な分泌によるものが多いです。また、シャンプー等の洗い残しによる刺激が原因となることもあります。

そのほか、アトピーによるものや、化学成分に対するアレルギー反応などが考えられます。

また、どのような原因にせよ、一度かゆみが発生してその部位を掻いてしまうと、肌はさらに敏感になります。刺激を受けて敏感になり、かゆみを生じ、さらに掻いて肌が弱り……というような悪循環に陥ると、頭皮は少しずつガサガサになってしまいます。

それが抜け毛の引き金になることもありますので、かゆみが治まらないと感じたら、早めに皮膚科を受診し、しかるべき対策をとられることをおすすめします。

頭皮を清潔にしているのにかゆみが出ることはある?

綺麗に洗おうとするあまり、皮脂を落としすぎてしまうと、乾燥を招いてかゆみの原因(皮脂欠乏性皮膚炎)になることがあります。

頭皮は弱酸性ですが、皮脂が足りなくなるとアルカリ性となります。アルカリ性は雑菌が好む環境であるため、そこで菌が増え、肌が敏感になってしまうというわけです。

また、刺激に敏感になり、ちょっとしたことでかゆみを感じたり、湿疹が出てしまうことも考えられます。

かゆみを放置するとどうなる?

放置して治ることもありますが、かゆみの原因はさまざまです。数週間経っても治らないなら、早めに皮膚科を受診しましょう。

かゆみや湿疹というのは、命にかかわる可能性が低い分、軽視されがちです。忙しい社会生活の中では、病院にいくことも負担になります。

しかしかゆみを引き起こしているのが一時的なものでない場合、肌に深刻なダメージを負ったり、治癒するのに短くない期間が掛かかる可能性も考えられます。

どのような病気もそうですが、悪化しないうちに早めに医師に診てもらうことをおすすめします。

対策方法について

病院に行った方が良い?

フケや湿疹、出血等、明らかな異常を感じている場合、なるべく早く病院に掛かることをおすすめします。

かゆみ以上の症状が出ている場合、放置すると慢性化し、治りづらくなる可能性があります。万全を期すためにも、可能な限り早く専門医に診てもらいましょう。

シャンプーは普通のもので大丈夫?

普通のもので大丈夫ですが、場合によってはシャンプーがかゆみの原因ということも考えられます。

たとえば頭皮が乾燥しているのに洗浄力の高いシャンプーを使うのはおすすめできません。また反対に、皮脂の分泌が多いのに自然指向のシャンプーを使うのもよくありません。

頭皮が乾燥気味なら低刺激の薬用シャンプー、脂っぽいようなら洗浄成分や抗菌成分を含むシャンプー、というように、ケースバイケースで使い分けることをおすすめします。

洗髪時に注意することはある?

ツメを立てずやさしく洗うことと、シャンプー剤等が頭皮に残らないよう、しっかりすすぐことが大切です。

また、頭皮がかゆいからと言って、1日に何度も洗うのはよくありません。肌のバリア機能を保つためには、適度な皮脂が不可欠だからです。

1回の洗髪でまんべんなく、やさしく頭皮を洗い、丁寧にすすぐ。これを意識してみてください。

ドライヤーは使うべき?

濡れたままだと汚れの付着や菌の繁殖を招く恐れがあるため、ドライヤーは使った方が無難です。

半乾きくらいまでタオルで乾かした後、8割くらいまでを温風、9割くらいまでを冷風で乾かすのが、ドライヤーの王道的な使い方です(完全に乾かさないのは、頭皮を乾燥させすぎないためです)。

また、ドライヤーを当てる時は、毛を持ち上げ、根元に風を当てるようにすると効率的です。