育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる
           

薄毛に関する疑問を徹底解剖!

公開日 2017年10月30日

オナニーと抜け毛についてのよくある疑問・回答まとめ

オナニーと抜け毛

基本的なギモン

オナニーが抜け毛に繋がるって本当?

オナニーが抜け毛の原因になることはあまり考えられません。

男性特有の抜け毛の原因として、ジヒドロテストステロンというホルモンが挙げられます。これは、男性ホルモンであるテストステロンが変化してできた物質です。

オナニーに限らず、ちょっとHな空想をした場合でも、男性ホルモンというのは分泌されます。そうした背景から、オナニーをはじめ、その他性的な行為により抜け毛が促進される、というような説が生まれるのは自然なことと言えます。

しかしジヒドロテストステロンの量が増えたからといって、必ず抜け毛に繋がるわけではありません。ジヒドロテストステロンの影響をどの程度受けるか、という感受性も関わってきます。

ほか、オナニーによってストレスを発散することで、抜け毛の抑制につながるという見方もできます。抜け毛にはさまざまな要因が絡んできますので、一概に原因はこれだ、と特定はできないわけです。

射精が抜け毛の引き金になる可能性は?

こちらも可能性は低いと言えます。

精液には、たんぱく質や亜鉛といった、髪の材料になる物質が豊富に含まれています。そのため、あまり量を出し過ぎると髪に回される分が不足してしまう、という懸念はあります。抜け毛を引き起こすほどではなくとも、髪の毛の成長に影響を与えることは、考えられないことではありません。

しかし、常識的な範囲の回数であれば、さほど心配する必要はないでしょう。オナニーというのは生理現象です。欲求を無理に抑えることでストレスを感じることの方が髪に悪い、というような説もあります。

もちろん個人差はありますが、3日に1回くらいの頻度なら、髪に影響を与える可能性は小さいはずです。

抜け毛の原因·対策方法について

オナニー以外で考えられる抜け毛の原因は?

年代にもよりますが、主に生活習慣や遺伝が考えられます。代表的なものは以下の通りです。

睡眠不足

睡眠は、健康的な生活を送るうえで欠かすことのできないものです。身体を休め、成長ホルモンを分泌し、蓄積したダメージを癒していきます。

睡眠不足は、たんに髪の成長を邪魔する原因になるだけでなく、ストレスやホルモンバランスの乱れなど、頭皮環境を悪化させるさまざまな不調を引き起こします。

毎日可能な限り決まったリズムで、7~8時間の睡眠をとることをおすすめします。

栄養不足

髪も血液から栄養を得て成長しています。そのため、栄養不足に陥ると髪が細くなったり、抜けやすくなったりする可能性があります。

また、食べ物を多く食べているからと言って、じゅうぶんに栄養を摂れているとも限りません。

たんぱく質、ビタミン、ミネラル等、髪の材料となる栄養成分をバランスよく摂取することが、抜け毛の防止·予防につながります

喫煙

タバコに含まれるニコチンは、毛細血管の収縮を招きます。薄毛の大きな要因に頭皮の血行不良がありますが、喫煙はこれを助長してしまうことになります。

頭皮の血管の量や太さには個人差がありますから、喫煙がそのまま薄毛に繋がるわけではありません。しかし、喫煙が抜け毛や薄毛を招くリスクがある、ということは、知っておくとよいでしょう。

ストレス

人はストレスを感じると自律神経が緊張し、血管が収縮します。髪の毛は毛細血管で栄養を得て成長しますから、血管が収縮することで栄養不足となり、痩せたり、抜けたりするリスクが高まります。

また、ストレスは髪の成長をつかさどるホルモンのバランスを乱す恐れがあります。日頃の生活にストレスを感じているなら、意識してリフレッシュされることをおすすめします。

遺伝

遺伝は、薄毛の大きな原因の1つです。というのも、成人男性の多くが悩まされる男性型脱毛症という症状には、遺伝が深く関わっているからです。

男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンというホルモンの量と、その影響をどれだけ受けやすいかで発症するかどうかが変わってきます。このホルモンの量と感受性は遺伝による影響が大きく、自身での対策は難しいとされています。

確実に薄毛になるわけではありませんが、もし心当たりがあって、対策を考えているなら、早いうちに専門クリニックに相談されてみることをおすすめします。

抜け毛に悩まされている場合、どう対策をとったらいい?

一番確実なのは、専門家に相談されることです。

抜け毛を効果的に防止するには、原因にあった対策が不可欠です。生活習慣等で心当たりがあれば、健康的な生活を送るよう努めることで改善が見込めるはずです。

しかし多くの場合、いくつかの原因が重なり合って抜け毛が引き起こされます。そうした要因を総合的に対策するには、専門家に相談するのが早道。

最近は薄毛治療専門のクリニックも増えていますし、中には無料で相談を受け付けているところもあります。自身だけで悩まず、そうしたサービスを活用されてみてはいかがでしょうか。

抜け毛に悩まされている場合、どう対策をとったらいい?

残念ながら、改善しないこともあります。

薬にせよ、育毛剤にせよ、生活習慣の見直しにせよ、人によって効果に個人差があります。クリニックに行けば原因に合った対策がとれる分、改善する確率は高くなりますが、100%ではありません。

自毛植毛という手段であれば、短期間に薄毛部位に髪を戻すことができますが、定着しなかったり、全体の髪の密度が下がってしまったり、無視できないリスクやデメリットがあります。

治療に掛かるお金も安くありませんので、自身の状況や希望を鑑みつつ、慎重に検討してみてください。

ちなみに、まだ実用化はされていませんが、毛髪再生医療というのが注目を集めています。これは、自身の頭皮の細胞を培養したうえで薄毛の部位に戻すことで、髪の元気を取り戻したり、量を増やしてしまおうという治療方法。

資生堂、京セラがそれぞれ研究を進めており、いずれも2020年には実用化の目途がたつと言われています。一般のクリニックに採用されるのはまだ先ですし、保険適用外の高額治療となることが見込まれますが、少なくも向こう10年以内(2020年代)には、高い確率で薄毛治療にブレイクスルーが起こります。

治療技術は日進月歩で進化していますので、100%に近い確率で薄毛治療できる日も、そう遠くはないでしょう。