育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる
           

薄毛に関する疑問を徹底解剖!

公開日 2017年10月30日

妊娠と抜け毛についてのよくある疑問・回答まとめ

妊娠と抜け毛

妊娠と抜け毛の関係

妊娠すると抜け毛になるってホント?

妊娠して抜け毛が増えることは可能性としては誰にもあります。なぜならその原因が妊娠中のホルモンバランスの乱れが影響しているからです。

妊娠すると女性らしさを維持するエストロゲンが減少し、出産までの妊婦の身体を保つためにプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えます。つまり妊娠中はホルモンバランスが崩れることになります。

この変化によりヘアサイクル(毛周期)が乱れて抜け毛が増えることが起きます。ヘアサイクルとは髪が成長期・退行期・休止期を繰り返す流れのことですが、成長期が短くなると抜け毛が増えてしまいます。

実はプロゲステロンには毛髪の成長を促す作用も持っているので髪が濃くなることもあるのですが、逆にヘアサイクルの成長期が短くなるケースもあるのです。

したがって妊娠中は大丈夫でも出産を終えてホルモンバランスが元に戻った時に抜け毛が増えるケースもあり一概にすべての妊婦が抜け毛が増えると言うことはできません。いずれにしろ特別な病気の可能性は低いので、それほど心配する必要はありません。

どのタイミングで増える?

抜け毛が増えるのは妊娠初期です。

この時期は妊婦の体内で子宮の収縮などを抑えて流産のリスクを下げるためにエストロゲンが減少し、プロゲステロンの分泌量が増えるためホルモンバランスが通常状態とは変わります。

それがヘアサイクル(毛周期)にも影響して本来は成長するはずの髪が途中で抜け落ちてしまうことがあるのです。したがって妊娠初期に抜け毛が急に増えたとしても、それは正常なことなので不安になることはありません。

つわりとの関係はある?

つわりそのものが抜け毛の要因にはなることはありませんが、つわりによって食欲が無くなり食事の回数が減ったり偏食をしていると、栄養バランスが悪くなり抜け毛につながることは考えられます。

時に妊娠初期には胎児に栄養を運ぶため、妊婦はただでさえ栄養不足になりがちです。つわりによって食べる量が減ってしまえば、髪を成長させるための栄養も届かなくなり抜け毛が増えてしまいます。できるだけタンパク質やビタミン類などを積極的に摂るように心がけましょう。

赤ちゃんへの影響はない?

妊娠してヘアサイクルの乱れで抜け毛が増えても赤ちゃんに直接影響することはありません。

ヘアサイクルの乱れはプロゲステロンの分泌量が増えるために起きることであり、それは子宮の収縮などを抑えて流産を防ぐことになるのでむしろ良いこととも言えます。

但し、抜け毛が増えたからといって気にしすぎたり、髪の成長によいと言われれものばかり食べていると栄養バランスが悪くなり、赤ちゃんに必要な栄養が不足してしまうので注意が必要です。

改善の可能性

薄くなった毛は元に戻る?

妊娠中に抜け毛が増えても、1~2年くらいするとヘアサイクルが通常の状態に戻るので基本的には心配する必要はありません。

抜け毛が精神的ストレスになってしまっている場合は専門の医師に相談するのもよいでしょう。

そのままストレスを溜め込んでしまうと抜け毛を増やしてしまう原因にもなりますし、医師から食事指導や十分な睡眠など生活習慣を改善するためのアドバイスをもらうことで抜け毛の改善が早まることが考えられるからです。

いつごろ治まる?

抜け毛は女性ホルモンのバランスが影響しているため、個人差があり治まる時期を明確にすることはできません。

安定期になって抜け毛も治まる人もいますし、妊娠中でなく産後に抜け毛が増えるケースもあります。

産後は分娩後脱毛症と言って、妊娠中に増えたプロゲステロンの作用によって抑えられていた抜け毛が一斉に始まることがあります。それも6ヶ月を過ぎた頃には治まるので妊娠してから1~2年の間には正常に戻ると考えてよいでしょう。

育毛剤を使ったら効果はある?

頭皮の環境を整える天然由来成分を配合した育毛剤なら比較的安全で一定の効果を期待できます。

赤ちゃんへの影響が気になる場合は産婦人科の医師に相談してみるとよいでしょう。

男性の薄毛治療薬として知られるフィナステリドは男性ホルモンを抑制する医薬品で、妊娠中は胎児の生殖器に発育障害が出る副作用があるため服用することは厳禁です。皮膚から吸収されるので触ってもいけません。

その他、ミノキシジルなどの外用薬でも医薬品の場合は作用が強くどのくらい妊婦に影響を与えるのか十分な臨床データが揃っていないので使用は控えたほうがよいでしょう。

予防・対策方法

うまく隠す方法は?

髪を短くカットするのが抜け毛を目立たなくする最も手軽な方法です。

髪が長いままだと抜け毛量が多く見えて不安に感じやすくなるのと、洗髪やドライヤーで乾燥させるのもお腹が大きい妊婦には負担になるというのもあります。

紫外線対策という意味も含め、帽子をかぶる方法もありますが、通気性の良いものを選ぶなど常に清潔に保つことが必要です。特に夏場は蒸れて雑菌が繁殖し、頭皮環境が悪化して抜け毛を増やしてしまうことにもなりかねないので注意しましょう。

抜け毛を防ぐにはどうしたらいい?

抜け毛は複数の原因が考えられますので、防止するためにはすべてをシャットアウトする必要があります。

次に挙げる中で原因として自分で心当たりのあるものを重点的に行なってみてください。

バランスのいい食生活

妊娠中は胎児に栄養が行ってしまうので、どうしても髪の成長に必要な栄養も不足しがちになります。タンパク質やビタミン、亜鉛など髪の生育によいとされるものや女性ホルモンと働きが似ている大豆イソフラボンの摂取を意識しましょう。

ただ妊娠中はあまりそのことばかりに集中すると全体の栄養バランスが崩れ、胎児にもよい影響がありませんので偏食にならないように気をつける必要があります。バランスよく規則正しい食生活をしていれば大丈夫です。

十分な睡眠

睡眠不足は髪の成長を悪くしてしまうので抜け毛を増やす要因の1つです。特に夜10時から深夜2時までの間に成長ホルモンが分泌されると言われるので、その時間帯には寝る習慣をつけておきましょう。

妊娠中は体力を消費して疲れやすくなっているため、身体を休息させるためにも十分な睡眠が必要です。質がよい睡眠をするためにはお風呂はぬるめの温度でリラックスさせ、寝る前にスマホやパソコンなど明るい光などを見ないようにします。

ストレスケア

ストレスがたまると自律神経が乱れて交感神経が優位になり、血流が悪化するため抜け毛を増やす原因となります。また不眠症になったりホルモンバランスを崩す原因にもなりますのでストレス解消をする必要があります。

妊娠中は激しい運動はできませんが、カラオケに行ったり好きな音楽を聞く、公園を散歩するなど日々の生活の中でできることから始めます。ストレス解消法は人によって様々あるので自分に合ったものを見つけておきましょう。

ヘアケア

間違ったヘアケアは抜け毛の原因ともなりますので注意が必要です。妊娠中は新陳代謝がよくなって汚れやフケがたまりがちになるため頭皮を清潔に保たなければなりませんが、過度な洗髪はかえって頭皮環境を悪化させてしまいます。

頭皮環境を整えるためには育毛剤を使ってヘアケアを行うのもよいでしょう。その場合は妊婦でも使える女性用の育毛剤を使うことです。使用するのが不安な場合は医師や薬局の薬剤師に相談してから購入すると安心です。

産後の抜け毛

産後にも抜け毛が増える?

産後に抜け毛が増えるのは分娩後脱毛症と言ってよくあることです。

原因は妊娠中にエストロゲンが減少しプロゲステロンの分泌量が増えてホルモンバランスが崩れていたのが元に戻るからです。

正常の状態に戻るのになぜ抜け毛が増えるかというと、妊娠中に抜けるはずだった髪がプロゲステロンの影響で維持されていて、ホルモンバランスが戻ることで一斉に抜け出すからです。これは病気ではなく生理的なものなので心配する必要は全くありません。

抜け毛を気にするあまりストレスをためてしまう方がむしろ抜け毛にはよくありません。抜け毛ケアのためには、一般的に髪の成長によいとされる規則正しい生活や十分な睡眠、バランスの良い食生活を心がけることです。

とはいえ産後は生まれたばかりの赤ちゃんを世話するために、夜中にも起こされたり規則正しい生活は難しいかもしれません。その中でも朝・昼・晩ときちんと食事をとって栄養バランスに気をつけていれば、徐々に正しい生活スタイルに落ち着いていくはずです。

あまり無理をすると負担になってしまうので、できればパートナーに相談して抜け毛防止のための生活ができるよう協力してもらいましょう。