育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる
           

薄毛に関する疑問を徹底解剖!

公開日 2017年10月4日

頭皮の皮脂にかんするよくある疑問・回答まとめ

皮脂

頭皮の皮脂が多くなる原因は?

頭皮の皮脂の量は、基本的には遺伝で決まります。しかし、生活習慣の中にホルモンバランスが乱れる要因(脂ものばかりを摂る食習慣やストレス、睡眠不足など)があると、その影響で一時的に皮脂の量が増えてしまうことも。

また、皮脂というのは蓄積されていきます。量自体は普通でも、適度なタイミングで洗い流してあげないと、髪がベットリしたり、頭皮トラブルの原因となってしまうので、注意したいところです。

そもそも皮脂って何?

皮脂は、毛穴の中にある皮脂腺という部位から分泌される、文字通り皮ふから出る脂です。適度な皮脂は、髪の乾燥を防ぎ、脆くなったり、ささくれたりするのを防いでくれます。

ただ、過剰に分泌され過ぎると、頭皮環境を悪化させる恐れがあります。

放置するとどういう影響がある?

皮脂を放置すると、髪がうまく成長せず、薄毛になってしまう恐れがあります。

というのも、毛穴がつまったり、皮脂をエサにする細菌が増えたりして、頭皮環境が悪化するため。髪の毛が痩せたり、抜け落ちてしまう可能性があるのです。

また、皮ふの表面の皮脂の量が増えると、角質が剥がれやすくなります。剥がれた頭皮の角質は、一般にフケと呼ばれるもので、あまりよい印象を持たれません。皮脂には独特の油臭さもあるため、場合によっては近しい人に不快感を持たれてしまうことも考えられます。

薄毛予防のためというのはもちろん、エチケットとしても、皮脂のケアはきちんと行っておきたいところです。

どうケアしたらいい?

頭皮の皮脂をケアする方法としては、大まかに以下の方法が考えられます。

シャンプーの変更

皮脂をケアする場合、第一の選択肢としてはシャンプーが挙げられます。

注意したいのは、頭皮の皮脂を洗い流す力が強いオイル系シャンプー(油を油で落とすシャンプー)はなるべく使わないということ。皮脂を完璧に洗い流してしまうと、身体は皮ふや髪を乾燥から守ろうとさらに皮脂を分泌しようとします。

そのため、頭皮の皮脂が多い人は、アミノ酸系の低刺激なシャンプーを使われることをおすすめします。

生活習慣の改善

これは生活習慣の乱れが皮脂の量に影響していると考えられる場合の対策ですが、栄養バランスのいい食事を心がけたり、ストレス対策をしたり、充分な睡眠をとったりといった、一般に健康によいとされることを心掛けてみてください。

効果が出るまで時間は掛かりますが、多少なりとも改善する可能性があります。また、皮脂の量に影響していないとしても、長期的には身体全体の健康につながるはずです。試して損のない方法と言えるでしょう。