育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

同じ薄毛の悩みを探す

薄毛の悩み、抱え込まないで相談してみよう!

相談はこちら

公開日 2017年11月29日

薄毛が隔世遺伝するというのは本当ですか?

生え際の後退、産毛の少なさに悩んでいます。

覚醒遺伝とよく聞くのですが、祖父は剛毛でした。なんででしょう···。

あと、男性ホルモンが多い方が薄毛になりやすいと聞きます。

そういう方は体毛も濃いと。

でも胸毛などもなく、体毛(脇毛、陰毛)も濃くないです。これもなんででしょう···。

正面からの生え際画像
横からの生え際画像
サイドからの生え際画像
問診票
年齢 37歳
性別 男性
職業 会社員
役職 --
睡眠時間 7〜9時間
体重 67kg
身長 171cm
趣味 アウトドア、釣り、ゲーム、アニメ
肌状態 --
使用シャンプー --
お酒頻度 毎日
お酒量 ビール350ml一缶、焼酎2〜3杯程度
配偶者・恋人
運動 特になし
薄毛治療暦 --
薄毛血縁
専門家の答え

ヨムトニック編集部の回答

ご相談ありがとうございます。「薄毛は隔世遺伝するのか」ということと、「体毛の濃さと薄毛は関係するのか」が知りたい、ということですね。

以下に回答させていただきますが、この記事をまとめているのは編集者·ライターであって、医師や専門家ではありません。

あくまでも本やウェブの情報(クリニックの解説等)をもとに調べたもの、という前提で参考にしていただけたらと思います。

薄毛は隔世遺伝するのか

まず薄毛が遺伝するのかどうかという点についてですが、隔世遺伝するかどうかはケースバイケースですが、薄毛自体は遺伝します。

もちろん100%ではありませんが、いくつかの統計で確認されている傾向であることは間違いありません。

遺伝による薄毛とは

遺伝による薄毛は、その多くが男性型脱毛症(AGA)によるものです。AGAは、以下のような流れで引き起こされます。

  • 体内のテストステロンが5αリダクターゼという酵素の影響を受けてジヒドロテストステロンに変化する。
  • ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容器と結合してTGF-βを生成する。
  • TGF-βが髪の成長を阻害するシグナルを出す。

少し入り組んでいますが、薄毛はこのようにいくつかの過程を経て引き起こされます。遺伝するのは、このうちの「5αリダクターゼの活性」と、「男性ホルモン受容器の感受性」を司る遺伝子とされています。

父方と母方、どちらから遺伝するか

薄毛を引き起こす遺伝子は、「5αリダクターゼの活性」を司るものと、「男性ホルモン受容器の感受性」の2つです。

まず「5αリダクターゼの活性」に関係する遺伝子についてですが、これは両親のどちらからでも遺伝する可能性がある、受け継いだ場合に特徴が出やすい遺伝子(優性遺伝子)です。

たとえばAを優性遺伝子、aを劣性遺伝子とした場合、母がAA、父がaaという遺伝子を持っていれば、子供が持つ遺伝子の組み合わせはAA、Aa、Aa、aaの4通りとなります(※最近は優性を顕性、劣性を潜性と表記するようですが、わかりやすさを重視して昔ながらの表現を採用しています)。

このうち、優性遺伝子Aの含まれているものはAA、Aa、Aaの3つですから、4分の3の確率で子供にAの特性が遺伝する可能性があることになります。

上記の例はあくまでイメージですが、母方と父方、どちらか一方にでも「5αリダクターゼの活性」を高める遺伝子があれば、高い確率で子供にそれが受けつがれてしまうことは確かと言えます。

一方、「男性ホルモン受容器の感受性」に関係する遺伝子は、母方からしか遺伝子しません。この遺伝子は、受け継いだ場合に特徴の出づらい遺伝子(劣性遺伝子)で、しかもX染色体にしか存在しません。

性別は、X染色体とY染色体の組み合わせによって決まります。XYが男性で、XXが女性ですね。男の子が生まれる場合、父方からY遺伝子、母方からX遺伝子を受け継ぐことになりますので、母方からだけ遺伝することになります。

薄毛は隔世遺伝する、という説は、この遺伝特性が拡大解釈されて広がったものだと思われます。

家系に薄毛の人がいないのに薄毛になってしまう理由

薄毛が遺伝する可能性は高いですが、必ずそうなる、というものではありません。

あるクリニックが提示している数値では、AGA患者さんのうち、遺伝で薄毛になっている人の割合は25%程度であるとされています。遺伝以上に、その人が長年続けている生活習慣によるものが大きい、というわけです。

薄毛は、髪に十分な栄養が届かないことでも引き起こされます。たとえばストレスや睡眠不足などは頭皮を硬くし、血行を悪くします。髪も血液で栄養を得ていますから、血流が悪くなると十分に育つことができません。

また、たとえ血行がよくとも、髪の材料となる栄養素が不足していては髪は育ちません。バランスの取れた食事と適度な睡眠、ストレスケア。つまり健康的な生活習慣が、薄毛予防の重要なポイントとなります。

男性ホルモンと薄毛の関係

男性ホルモンは、思春期に多く分泌され、筋肉を作ったり、声を低くしたり、身体を男性らしく変化させるホルモンです。ご指摘のとおり、男性ホルモンが多いと、体毛も濃くなる傾向があります。

ただ、男性ホルモンが薄毛を引き起こすわけではありません。

男性ホルモン(=テストステロン)が5αリダクターゼの影響を受けてジヒドロテストステロンに変化し、ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容器と結びついて薄毛が引き起こされます。

そのため、男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変化させる5αリダクターゼの量が少なかったり、ジヒドロテストステロンと結合する男性ホルモン受容器の感受性が低かったりすれば、たとえテストステロンの量が多くとも薄毛にはならないわけです。

効果的な育毛対策のためには、仕組みを知ったうえでの対策が欠かせません。薄毛になる仕組みはちょっとややこしいですので、順を追って理解しながら、ご自身に最適の薄毛対策を検討されてみてください。

専門家プロフィール
ヨムトニック編集部

ヨムトニック編集部です。本回答は編集者・ライターであって、医師や専門家ではありません。あくまでも本やウェブの情報(クリニックの解説等)をもとに調べたもの、という前提で参考にしていただけたらと思います。

参考になるページはこちら

くせ毛だと薄毛になる可能性が高いのでしょうか?

詳しく見る

はげを受け入れるのはどういうときですか?

詳しく見る

育毛剤はどのくらいの期間、使用すべきなのでしょうか

詳しく見る

おすすめのお悩み相談

正面からの生え際画像

薄毛が隔世遺伝するというのは本当ですか?

生え際の後退、産毛の少なさに悩んでいます。 覚醒遺伝とよく聞くのですが、祖父は剛毛でした。なんででしょう···。 あと、…

詳しく見る
回答 まず薄毛が遺伝するのかどうかという点についてですが、隔世遺伝するかどうかはケースバイケースですが、薄毛自体は遺伝します。…
DNAのイメージ

女性の薄毛は遺伝が原因ですか?

[相談内容] 20代女性です。高校の頃から周りよりも毛量が少なく、特におでこの生え際の薄さが気になっています。ダイエット…

詳しく見る
回答 結論からいいますと、薄毛と遺伝の関係性ははっきりとは証明されていないようですが、近年は研究が進み、遺伝は女性の薄毛を引き…
本のイメージ

AGAと一時的な薄毛の違いが知りたいです

[相談内容] 30代男性です。10代の頃から髪が薄いことをは自覚していたのですが、生まれつき髪が細いだけと思い放置してい…

詳しく見る
回答 AGAとそれ以外の薄毛は、同じ薄毛でも原因や特徴には大きな違いがあります。それぞれの原因・特徴について解説していきます。
薄毛に悩む人のイメージ

育毛剤が効かないのですが何が原因でしょうか

[相談内容] ある育毛剤を1年ほど使っていたのですが、効果が出ず別のものに乗り換えました。しかし乗り換えてから3ヶ月ほど…

詳しく見る
回答 育毛剤を毎日使っているのに効果がない場合、ざっくり以下の4通りの原因が考えられるというのが、当編集部の結論です。育毛の原…