育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

同じ薄毛の悩みを探す

薄毛の悩み、抱え込まないで相談してみよう!

相談はこちら

公開日 2017年11月30日

20代です。生え際の後退は止まるものなのでしょうか?

25歳を超えてからでしょうか、急に生え際が後退してきたのを感じてきました。今まで自分は毛量が多く、、絶対に禿げないだろうと思っていたのに、この有様には多少ショックがありました。これから、生え際がこのまま後退するのか、踏みとどまるのか毎日不安で仕方がありません。

20代男性の薄毛画像1
20代男性の薄毛画像2
20代男性の薄毛画像3
問診票
年齢 27歳
性別 男性
職業 会社員
役職 係長
睡眠時間 6時間~7時間
体重 58kg
身長 172cm
趣味 サイクリング、ゲーム
肌状態 --
使用シャンプー --
お酒頻度 3日に1回程度
お酒量 1杯
配偶者・恋人
運動 サイクリング
薄毛治療暦 --
薄毛血縁
専門家の答え

ヨムトニック編集部の回答

ご相談ありがとうございます。「生え際の後退がストップするのか」が知りたい、ということですね。

以下に回答させていただきますが、この記事をまとめているのは編集者·ライターであって、医師や専門家ではありません。

あくまでも本やウェブの情報(クリニックの解説等)をもとに調べたもの、という前提で参考にしていただけたらと思います。

そもそも生え際が後退する原因とは

まず、生え際が後退する原因について簡単に解説します。

100%というわけではありませんが、生え際や頭頂部から始まる薄毛は、AGAによって引き起こされている可能性が高いです。

AGAは、日本人男性全体の30%が該当するであろうとされる脱毛症。昔は30代以降からAGAが進行し始めるとされていましたが、近年は20代で症状が現れる人も増えており、現代的な生活習慣もその原因になっているのではないかと考えられています。

<AGAの原因とされる主な生活習慣>

  • 栄養バランスの偏った食事
  • 不規則な睡眠や睡眠不足
  • ストレス
  • 喫煙

髪の毛は血管から運ばれる栄養で育ちますから、偏った食生活で髪の材料となる栄養素が足りなかったり、ストレスや喫煙、睡眠不足などで血行が悪くなったりすると、少しずつ痩せてしまうわけです。

また、AGAの根本的な原因は、男性ホルモンが変化してできるジヒドロテストステロンが、さらに別のたんぱく質と結合して作られるTGF-βにあります。上記のような生活習慣を送るとホルモンバランスも少なからず乱れますから、AGAと不健康な生活習慣は切っても切れない関係にあると言えます。

AGAの進行パターン

冒頭で少し触れましたが、AGAの進行にはいくつかのパターンがあります。これらのパターンは、最初に体系化した人の名前を取って、ハミルトン·ノーウッド分類と言われています。

細かくわければ進行度別に10以上のパターンがあるのですが、大きく分ければ以下の2つにまとまります。

  • 生え際が一気にM字型に薄くなり、次いで頭頂部に広がっていくパターン。
  • 生え際が全体的に後退しつつ、次いで頭頂部に広がっていくパターン。

このように、AGAは生え際から始まっていきます。確実なことは言えませんが、可能性の1つとしては十分考えられるでしょう。

生え際の後退はストップするのか

生え際の後退がストップするかどうかは、原因によります。

AGAの大きな原因であるジヒドロテストステロンや、ジヒドロテストステロンが変化したTGF-β作られやすいかどうかは、遺伝によって左右されます。もし、薄毛になりやすい遺伝子を受け継いでしまった場合は、放置していても生え際の後退がストップする可能性は低いと言えます。

ただ、その薄毛が遺伝的な要素ではなく、生活習慣に起因しているものであれば、それを改めることで後退が止まる可能性はあります。

たとえば生え際というのは、顔に近いぶん、皮ふが固くなりやすい部位です。また、頭のほかの部位に比べて血管も少ないとされています。ストレスが続く生活を送っていれば顔もこわ張り、自然と生え際の血行も悪くなってしまうでしょう。

こうした外部的な要因で後退が進んでいるのであれば、緊張のもとであるストレスを取り除いたり、定期的な頭皮マッサージで血行を改善すれば、自然と生え際の後退はストップするはずです。

外的な要因として考えるられるのは、先にも挙げた不摂生な生活習慣です。日常ケアでAGA対策を考える場合、まずは生活習慣の改善を地道に行っていくことが大切です。

それらと併せて、頭皮の血行を促すマッサージや、髪に直接栄養を届ける育毛剤などを使っていけば、少なくとも進行を遅らせることはできることでしょう。

クリニックで治療を受けるのも手

遺伝による薄毛の場合、日常ケアでは対策が難しい、と紹介しましたが、クリニックに通えば別です。

育毛対策について調べると、ミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドといった文言を目にすることがあると思います。これらは、薄毛改善に効果があると厚生労働省が認めている成分です。

これらを含む薬剤は、主にクリニックで処方されており、実際にこれらを使用して薄毛を改善している人も少なくありません。

また、薄毛に悩む人の増加に伴って、独自の薄毛治療を打ち出すクリニックも増えています。独力でのケアに不安がある、というような場合は、そうしたクリニックを訪れてみるのもよいでしょう。

専門家プロフィール
ヨムトニック編集部

ヨムトニック編集部です。本回答は編集者・ライターであって、医師や専門家ではありません。あくまでも本やウェブの情報(クリニックの解説等)をもとに調べたもの、という前提で参考にしていただけたらと思います。

参考になるページはこちら

くせ毛だと薄毛になる可能性が高いのでしょうか?

詳しく見る

はげを受け入れるのはどういうときですか?

詳しく見る

育毛剤はどのくらいの期間、使用すべきなのでしょうか

詳しく見る

おすすめのお悩み相談

正面からの生え際画像

薄毛が隔世遺伝するというのは本当ですか?

生え際の後退、産毛の少なさに悩んでいます。 覚醒遺伝とよく聞くのですが、祖父は剛毛でした。なんででしょう···。 あと、…

詳しく見る
回答 まず薄毛が遺伝するのかどうかという点についてですが、隔世遺伝するかどうかはケースバイケースですが、薄毛自体は遺伝します。…
DNAのイメージ

女性の薄毛は遺伝が原因ですか?

[相談内容] 20代女性です。高校の頃から周りよりも毛量が少なく、特におでこの生え際の薄さが気になっています。ダイエット…

詳しく見る
回答 結論からいいますと、薄毛と遺伝の関係性ははっきりとは証明されていないようですが、近年は研究が進み、遺伝は女性の薄毛を引き…
本のイメージ

AGAと一時的な薄毛の違いが知りたいです

[相談内容] 30代男性です。10代の頃から髪が薄いことをは自覚していたのですが、生まれつき髪が細いだけと思い放置してい…

詳しく見る
回答 AGAとそれ以外の薄毛は、同じ薄毛でも原因や特徴には大きな違いがあります。それぞれの原因・特徴について解説していきます。
薄毛に悩む人のイメージ

育毛剤が効かないのですが何が原因でしょうか

[相談内容] ある育毛剤を1年ほど使っていたのですが、効果が出ず別のものに乗り換えました。しかし乗り換えてから3ヶ月ほど…

詳しく見る
回答 育毛剤を毎日使っているのに効果がない場合、ざっくり以下の4通りの原因が考えられるというのが、当編集部の結論です。育毛の原…