育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

成分・症例名など専門用語解説

公開日 2017年9月5日

5αリダクターゼ【5α-Reductase】

5αリダクターゼとは、血液中のテストステロンという男性ホルモンを、より影響力の強いジヒドロテストステロンに変換するはたらきをもった物質です。

ジヒドロテストステロンは、AGA(男性型脱毛症)の主な原因となる物質で、髪を弱らせ、抜けやすくする作用を持ったホルモン。

薄毛治療においては、この5αリダクターゼのはたらきを弱められるかどうか、という点が、治療の成否を左右する大きな要因となります。

5αリダクターゼには2つの種類がある

5αリダクターゼには、1型と2型の2つの種類があり、それぞれ存在する場所やテストステロンへの作用の強さが異なります。

1型5αリダクターゼ

  • 存在する場所:全身、および側頭部や後頭部の皮脂腺
  • 脱毛作用:それほど強くない。
  • 脱毛の傾向:生え際から少しずつ。
  • こんな人に多い:脂性肌で肌が荒れやすい人。

2型5αリダクターゼ

  • 存在する場所:前頭部・頭頂部の毛乳頭細胞、毛母細胞、前立腺
  • 脱毛作用:かなり強い
  • 脱毛の傾向:前頭部(または後頭部)から頭頂部へ。
  • こんな人に多い:毛深い人。

1型5αリダクターゼが存在する皮脂腺は、毛穴の脇にあるため、そこでジヒドロテストステロンが作られても頭髪に大きな影響はありません。

一方の2型5αリダクターゼは、毛細血管から栄養をもらい、毛を作り出す毛乳頭に存在します。ジヒドロテストステロンの影響力は、1型よりもずっと強いものとなります。

5αリダクターゼだけで脱毛作用が起きるわけではない

5αリダクターゼは、AGAによる脱毛に深く関わる物質です。しかし、5αリダクターゼの量が多いからと言って、それが必ずしも脱毛に繋がるとは限りません。

脱毛の根本的な原因は、ジヒドロテストステロンが毛乳頭の細胞にある受容器と結びついてしまうことです。

脱毛が引き起こされるかどうかは、ジヒドロテストステロンの元になるテストステロンと5αリダクターゼの量、また、受容器の影響の受けやすさなどによって違ってきます。

5αリダクターゼが脱毛を引き起こす要因であることは間違いありませんが、あくまでも条件の1つに過ぎないわけです。

5αリダクターゼのはたらきを抑制するには

現在、5αリダクターゼのはたらきを抑制するもっとも確実な方法は、フィナステリドという飲み薬を飲用することです。

フィナステリドは2型5αリダクターゼに作用する薬で、AGAの進行を食い止めるためによく用いられます。

発毛を促すものではありませんが、ジヒドロテストステロンの影響で髪が細く痩せているだけなら、5αリダクターゼのはたらきを阻害することで髪の元気を取り戻すことができるはずです。

注目されている用語