育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

成分・症例名など専門用語解説

公開日 2017年9月5日

アルギニン【Arginine】

アルギニンとは、人の身体の成長に深く関係するアミノ酸の一種です。

必須アミノ酸と違い、体内で合成できるものですが、その量は十分ではなく、積極的に外から摂り入れることが推奨されています。

その主なはたらきは、成長ホルモンの分泌を促進すること。とくに成長期にはその影響が顕著に表れ、骨や筋肉の形成を促すとされています。主に食事から摂取できる成分ですが、筋肉や骨格の増強を目的に、サプリメントを活用するケースも少なくありません。

また、アルギニンには体内の血流を改善する効果も認められており、衰えた男性機能を改善するための成分としても知られています。

アルギニンに育毛効果があるとされる理由

アルギニンには、直接頭髪に作用するような成分ではありません。基本的には口から摂取するものであり、その効果も身体全体の健康を促進するものです。

ではなぜアルギニンに育毛効果が期待できると考えられるかというと、血流の改善効果があるためです。アルギニンは、体内で一酸化窒素が作られるのを促します。一酸化窒素には、血管をやわらかくして、血流を促進するはたらきがあり、これが頭皮の血行を回復させることで、育毛につながるのではないかと見込まれているわけです。

ただ、このメカニズムは厳密に確かめられたものではありませんし、アルギニンが持つ育毛効果は、あくまでも間接的なものです。
育毛を目的にアルギニンだけを摂取しても、おそらく改善効果は望めないでしょう。

髪の成長を促すはたらきがある?

アルギニンには成長ホルモンの分泌をうながすはたらきがありますが、成長ホルモンは筋肉、骨に限らず、身体を形作るさまざまなたんぱく質やコラーゲンの合成を促進します。

信ぴょう性は定かではありませんが、その影響を受けて、頭髪の成長も促される、という説も見受けられます。

育毛以外の健康効果

  • 男性機能の改善
  • 免疫力アップ
  • 疲労回復

副作用について

食品から摂る場合は、大きな副作用の心配はありません。

ただ、サプリメントなどで多量に摂取してしまうと、下痢や腹痛といった症状が出る恐れがあります。

アルギニンの1日の推奨摂取量は3~5gとされていますので、食べ物以外から摂取する場合はこの量を目安に飲用されることをおすすめします。

アルギニンが含まれているアイテム

  • サプリメント
  • 栄養剤
  • エナジードリンク

注目されている用語