育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

成分・症例名など専門用語解説

公開日 2018年3月27日

ヒオウギエキス【BBLily】

ヒオウギのイメージ

ヒオウギエキスとは、ヒオウギというアヤメ科の植物の根から抽出される成分です。

ヒオウギはアジアに広く分布しており、日本国内にも自生している植物。扇を広げたような形の葉が特徴的で、夏になるとオレンジ色の花を咲かせます。秋になると黒くつややかな種が実るのですが、こちらは和歌などで枕詞に使われる『射干玉(ぬばたま)』という言葉の語源にもなっています。

また京都の伝統ある『祇園祭』には、厄除けの花としてヒオウギを飾る風習もあります。これらのことからもわかるように、日本人の文化に深く根付いている植物なのです。

そんなヒオウギは、漢方の世界でもポピュラーな存在。『射干(やかん)』という名称で親しまれており、乾燥させた根茎が生薬として用いられています。薬効としては消炎や解毒作用が認められており、喉やリンパ腫の腫れの改善、そして喘息性気管支炎などに処方される様子。漢方の本場である中国でも、さかんに生産されている植物なのです。

ヒオウギエキスに育毛効果があるとされる理由

薄毛を進行させる男性ホルモンの生成を適度に抑制

ヒオウギエキスには、女性ホルモンの代表格·エストロゲンに似た物質と言われる『イソフラボン』が含まれています(正確には、イリジン、テクトリジン、ベラムカンジンなどのフラボン配糖体)。

イソフラボンは、更年期障害に悩む女性から支持を集める成分です。体内で女性ホルモンと同様の働きをするため、不定愁訴などの症状抑制が期待できるのです。加齢とともに分泌が不足し始めた女性ホルモン(様成分)を、外部から摂取するという考え方ですね。

そんなイソフラボンですが、薄毛に悩む男性にも、ぜひ注目してほしいところ。なぜなら薄毛の進行には、男性ホルモンの一種·テストステロンが大きく関係しているからです。

テストステロンが頭皮において『5αリダクターゼ』という酵素と反応すると『DHT』が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある受容体と結合すると『TGF-β』と呼ばれる『発毛抑制因子』を増加させることは、薄毛について研究している皆さんなら、すでにご存じかと思います。

イソフラボンには男性ホルモンの暴走を抑制し、全体のホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できるのです。

さらに女性ホルモンには「髪の毛の成長期を延ばす」、「脱毛を防ぐ」などの働きがあり、毛髪に対して強い影響力を持っています、同様の働きが期待できるイソフラボンは、ぜひ積極的に摂取したいもの。もちろん更年期障害のひとつとして、抜け毛の症状に悩む女性にとっても、イソフラボン摂取は有効な対策のひとつです。

なおイソフラボンの原料としては、ヒオウギエキスよりも、大豆が圧倒的に有名。大豆由来の健康食品は、サプリメントなどのかたちで数多く販売されています。ヒオウギエキスの含まれるイソフラボンも、基本的には「同じ働きをする」と考えて良いはずですが、経口タイプに関しては、ほとんど商品化されていません。育毛目的でイソフラボンのサプリを探す際は、いまのところ大豆由来の商品を探すよりほかなさそうです。

頭皮の保湿力をアップさせる

ヒオウギエキスには、頭皮を含む肌の保湿力をアップさせる力もあります。こちらもイソフラボンによる働き。紫外線や過度のストレスを受けることで発生する『MMP-1』というたんぱく質分解酵素の生成を抑制し、肌内部のコラーゲンやエラスチンが失われるのを防ぎます

頭皮が乾燥すると、健やかな育毛環境が損なわれてしまうので、要注意。ヒオウギエキスが含まれた塗布タイプの育毛剤は非常に多く発売されていますので、積極的に活用することで、頭皮の保湿に努めていきましょう。

なおヒオウギエキスの保湿力には、美容界も大きな関心を寄せており、近年は化粧品やニキビ治療薬などに配合されるケースが急増している様子。「ヒアルロン酸やコラーゲンの働きを促進し、相乗効果を高める」「ヒオウギ由来のイソフラボンは分子が小さく、肌に吸収されやすい」などの説もあるようです。

頭皮トラブルを効果的に防ぐ

ヒオウギエキスには皮脂の過剰分泌や、毛穴の炎症を抑えるという働きも期待されています。

頭皮の肌トラブル予防のためにも、活躍してくれそうですね。

育毛以外の健康効果

  • 解熱作用
  • 抗炎症作用
  • 美白作用
  • 更年期障害の改善
  • 骨粗しょう症の改善

副作用について

今のところ、ヒオウギエキスを使用したことによる副作用は報告されていません。

ヒオウギは基本的に自然由来の原料であり、毒性も確認されていません。女性ホルモン様成分のイソフラボンが含まれていますが、摂取に関しては性別や年齢を問わないので、誰でも活用できるでしょう。

ただし、漢方薬に使われる薬草の中には、アレルギー反応を引き起こしてしまうものも存在します。もし持病などがある場合には、摂取前に主治医に相談するか、飲用後の身体の反応を慎重にチェックされることをおすすめします。

ヒオウギエキスが含まれているアイテム

  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • 化粧品

注目されている用語