育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

成分・症例名など専門用語解説

公開日 2018年3月28日

バルジ【Bulge】

積み重ねた本

バルジとは、隆起という意味の英単語です。育毛の分野でバルジという場合、それは毛根にある、皮脂腺の下に位置する一部の領域を指します。

髪の毛には3つの成長段階があり、それぞれ成長期、退行期、休止期と呼ばれています。成長期は、文字通り髪が成長する時期。退行期に髪の成長が止まって毛の根元から毛乳頭が抜け、休止期には次の髪が成長する準備が始まります。バルジは、このうちの休止期に、主に活躍する組織です。

具体的には、毛を作り出すのに必要な幹細胞を蓄え、然るべきタイミングで毛乳頭に移動させる働きを担います。幹細胞が毛乳頭に移動すると、それに押し込まれるような形で毛乳頭が沈んでいき、やがて毛乳頭の真上にある細胞が新しい毛を作り始めます。

毛を作り出しているのは、毛の根元にある毛乳頭、というイメージがあるかと思います。実際、毛は毛乳頭からの信号で成長していくことは間違いありません。ただ、バルジから幹細胞が移動してこないと、毛乳頭は毛を作り出すことができないのです。

バルジは、毛の成長を左右する、非常に重要な部位というわけです。

バルジ領域へのアプローチは脱毛の分野が先行している

バルジ領域の働きを活性化させることができれば、育毛治療の分野に新たな選択肢を提示することができるかもしれません。

しかし今のところ、バルジ領域へのアプローチは、育毛とは正反対の方向、つまり脱毛の分野が先行しています。

従来の脱毛では、体毛が成長する段階に応じて複数回の施術を受けなければなりませんでした。脱毛は、髪の毛の黒い色素にレーザーを吸収させて発熱させ、毛根部にダメージを与えて毛の成長を抑制します。

しかし、毛の成長段階は1本1本違うため、施術を行ったタイミングで休止期だったり退行期だったりする毛があると、その部分は脱毛できません。

この点、バルジを狙って施術を行えば、毛の成長段階に関係なく、その後の発毛を抑制することができる、というわけです。

発毛治療に活用しているクリニックも

現在、バルジ領域へのアプローチで目立つのは脱毛の分野ですが、バルジ領域のはたらきを発毛治療の一環として取り入れているクリニックもあります。

全国各地にクリニックを展開している聖心美容外科がそうです。

聖心美容外科では、アメリカで開発されたケラステム毛髪再生という施術を提供しているとのこと。ケラステム毛髪再生は、少量の脂肪細胞から幹細胞を取り出し、それを頭皮に注入することで、発毛を促そうという治療方法です。

昨今注目が高まっている再生医療を、薄毛治療に応用した形ですね。

なんでも、頭皮に幹細胞を注入することで、毛乳頭のはたらきが活発になるほか、頭皮の血管新生も促され、血流改善にも一役買うのだそう。

こういった再生医療による毛髪治療は、今でこそあまり注目されていませんが、今後さらに技術が発展することで、薄毛治療のメインの選択肢になっていくことは間違いないでしょう。

注目されている用語