育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

成分・症例名など専門用語解説

公開日 2018年4月27日

シトルリン【Citrulline】

スイカ

シトルリンは、アミノ酸の一種です。

体内でも合成されているため、いわゆる『必須アミノ酸』ではありません。しかしスイカやニガウリなど植物にも多く含まれており、食事からの摂取も可能となっています。

シトルリンは、体内で窒素やアンモニアを発生させるのに役立ちます。この働きは生命維持のために、極めて重要であると考えられています。

シトルリンには『L-シトルリン』と『D-シトルリン』の2種類があります。中でも人間を含む動物や、植物の体内に存在しているのは、L-シトルリンと考えられています。サプリメントからシトルリンを摂取する場合、「人体に存在するL-シトルリンの方が、効果は高い」という説が、いまのところ一般的。このため、わざわざ「L-シトルリンを配合しています」と明記する商品も、数多くなっています。

なおシトルリンは、1930年に日本の研究者によって発見された成分です。つい最近まで医薬品として指定されていましたが、2007年にその制限が解かれ、サプリメントなどの健康アイテムとして、商品化が可能となりました。このため知名度はまだそれほど高くありませんが、育毛の観点からもチェックしておきたい働きを持つ成分のひとつです。

シトルリンに育毛効果があるとされる理由

血行を改善し、頭皮へ栄養を送り届ける

シトルリンは、血管や血流に良い影響を与える成分です。

シトルリンが摂り込まれると、体内で一酸化窒素の発生率が高まります。一酸化窒素は一種のガスで、血管をしなやかに拡張させる働きがあります。またコレステロールが血管に付着するのを防ぐなど、血液のスムーズな流れを実現するため、大いに役立ちます。

血行不良が育毛に悪影響を与えることは、すでに皆さんもご存知の通り。発毛を促す毛母細胞のパフォーマンスを高めるためには充分な栄養が必要であり、その栄養は血液に乗って頭皮まで到達するわけですから、血流を良好に保っておく必要があるのです。

特に生え際や頭頂部の血管は細く、血行不良の悪影響が反映されやすい箇所として知られます。M字型の薄毛、つむじの薄毛に悩んでいる人は、血行に細心の注意を払う必要がありそう…。シトルリンの力を借りて、血流改善に努めると良いかもしれません。

こうしたシトルリンの働きは、EDの改善にも効果的と考えられています。健やかな育毛同様、力強い勃起にはスムーズな血流が必要不可欠。成人男性の2大悩み解消に役立つシトルリンに、注目して損はないはずです。

ただし、シトルリンの育毛サポート効果は、あくまでも間接的なものです。シトルリンだけを摂取していても、劇的な薄毛改善は望めないと知っておきましょう。

頭皮の保湿力をアップさせる

アミノ酸は、肌の保湿力を高めます。シトルリンもアミノ酸の一種であり、頭皮を含む肌の水分バランスを整えるために役立ちます。

またシトルリンには、活性酸素を除去する抗酸化作用も認められており、紫外線がもたらす頭皮への悪影響を抑制する効果が期待されています。

いまのところ、シトルリンを配合した塗布タイプの育毛剤は発売されていないようですが、女性用のファンデーションや日焼け止めなどには、配合商品もある様子。今後の展開に注目していきたいですね。

アルギニンとの相乗効果について

シトルリンと同じく、育毛サポートに役立つとされる成分の中に『アルギニン』があります。このふたつを同時に摂取することで、相乗効果が高まると言われています。

アルギニンもアミノ酸の一種で、一酸化窒素の生成を促進し、血流を改善します。つまりシトルリンと、ほぼ同様の働きをするのです。

シトルリンとアルギニンは別の成分ですが、人体へ摂り込まれると、シトルリンはアルギニンに、アルギニンはシトルリンに変化するという不思議な関係があります。そしてその変化の過程で、一酸化窒素が発生することもわかっています。

つまりふたつの成分を同時に摂取すると「より多くの一酸化窒素が発生し、血流に良い影響を与えてくれる」というわけです。

育毛以外の健康効果

  • 抗酸化作用
  • 疲労回復作用
  • 筋肉増強作用
  • 冷え性やむくみの改善
  • 男性機能の改善

副作用について

食品から摂る場合は、大きな副作用の心配はありません。

ただし血管の病気に罹患している人は、摂取前に必ず主治医に相談を。特に血流改善効果のあるシトルリンと降圧剤の併用には、充分な注意が必要となります。

また『染色体劣性遺伝性疾患』の中に『シトルリン血症』という病気があります。患者がシトルリンを摂取すると血中のアンモニアが増加し、けいれんや肝不全、そして異常行動などの副作用が現れるそうです。国内の患者数は数千人程度と言われており、またそのすべてが発病するとは限らないため、必要以上に心配することはありません。しかし、シトルリンの摂取で異常が現れた場合はすぐに服用をやめ、医師に相談して下さい。

シトルリンが含まれているアイテム

  • サプリメント
  • 栄養剤
  • エナジードリンク
  • 化粧品

注目されている用語