育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

成分・症例名など専門用語解説

公開日 2017年9月6日

初期脱毛【Increased Hair Loss】

初期脱毛とは、育毛剤や飲み薬などによって髪の毛の成長が促された場合に、新しい毛が古い毛を押し出すことによって起こる脱毛です。

文字通り、育毛効果が出始めた初期に起こる脱毛を指します。

ほとんどの場合、薄毛の人はヘアサイクルが乱れています。ヘアサイクルとは、成長期→休止期→退行期という、髪が生え変わるサイクルこと。加齢によって少しずつ髪が減っていくのは避けられないことですが、ヘアサイクルが正常に回っていれば、急激に薄毛になっていくことはまずありません。

しかし、頭皮環境やホルモンバランスが乱れてしまうと、成長期にじゅうぶん髪が伸びないまま休止期、退行期に移行してしまいます。これによって細く短い毛が増え、髪が薄くなってしまうこととなります。

血管を拡張して髪に栄養を与えたり、成長期を短くするホルモンの生成を抑えたり、対策方法によって仕組みは違いますが、いずれにせよ育毛の過程には、ヘアサイクルの乱れを正すステップが必ずあります。

初期脱毛は、そうした過程で必ず起こる、髪が生まれ変わっていくサインというわけです。髪が抜け始めると焦ってしまいますが、それが間違いなく初期脱毛であれば、とくに心配する必要はありません。

現在、育毛治療で効果が認められている代表的な薬は、ザガーロ、プロペシア、ミノキシジル外用薬といったものです。もしこれらを飲み始めてから(または使い始めてから)髪が抜け出した、というような場合は、それが初期脱毛である可能性が高いと言えます。

初期脱毛が起こる期間

初期脱毛は、育毛対策を始めてから1ヶ月前後の間に起こります。

ただ、この期間はあくまで大まかな目安です。薄毛が進行し、弱った髪が多いほど初期脱毛は長くなる傾向にあるため、場合によっては数ヶ月続くことも考えられます。もしあまりに長くて不安を感じるようであれば、皮膚科医に相談されてみることをおすすめします。

初期脱毛が起こった時に気を付けたいこと

初期脱毛で気を付けたいのは、その量が多い場合に、せっかく始めた育毛対策を中止してしまうことです。

もちろん、その抜け毛が初期脱毛かどうか判断できない場合は、万全を期すためにも心当たりを断つことが大切です。

しかし例えばミノキシジル等、育毛効果の認められている薬を飲んでいる場合は、髪が生え変わるための初期脱毛である可能性が高いと言えます。慌てて服用を中止せず、様子を見ながら、食生活の見直しや十分な睡眠、適度なマッサージ等、頭皮環境を良好に保つよう心がけられることをおすすめします。

最近は電話相談等を無料で受け付けているクリニックもありますので、もしどうしても不安な場合は、そうしたサービスを活用されるのもよいでしょう。薄毛はデリケートな悩みですが、1人で抱え込むより、誰かに相談した方がきっと心も軽くなるはずです。

注目されている用語