育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

成分・症例名など専門用語解説

公開日 2018年2月22日

薬用育毛剤【Medicated Hair Restorer】

種類のイメージ

薬用育毛剤とは、薬と育毛剤の中間にある育毛剤のことです。

育毛剤には、髪を生やしてくれる薬、というようなイメージがあるかと思います。しかし大部分の育毛剤は、頭皮の環境を整え、髪が生えてきやすい状態を整えるのが主な効果であり、髪自体を生やす作用はありません。

そういった人体に何かしらの変化を与えるアイテムは、「薬」の範疇に入ります。

現在、日本で育毛に効果があると認められている成分は、ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドといったものですが、これが含まれているのはいずれも薬であり、ふつうに市販されている製品とは一線を画したものです。

では、薬用育毛剤とはどういう製品を指すのでしょうか。

効果·効能を表示できる製品とできない製品がある

育毛剤に限らず、人の身体に関する製品は、効果·効能を表示できるかどうかが、厚生労働省によってはっきり定められています。

まずは、どういった分類がなされているかを紹介します。

<製品の分類>

  • 医薬品…科学的に根拠のある成分を含んでいて、治療などに使えるもの。
  • 医薬部外品…医薬品ほどではないが、科学的に根拠のある成分が含まれていて、症状の緩和·予防などが期待できるもの。
  • 化粧品…人体への影響が緩やかで、美容や衛生のために使えるもの。

人の身体に関係する製品は、大まかに上記の3つに分類されます。育毛剤、とひと口に言っても、医薬品·医薬部外品·化粧品、のどれに該当する製品かによって、その効果は大きく違ってくるわけです。

ちなみに、これら3つの中で何らかの症状が「治る」、「改善できる」、といった表現ができるのは、医薬品だけです。化粧品はもちろん、医薬部外品も、「それを使うことで疾患が治る」というような効果を表現することはできません。

もちろん、まだ科学的な根拠が広く認められていないだけで、使ってみたら効果が見込める製品というのも存在する可能性はあります。ただ、ほとんどの場合、化粧品よりも医薬部外品、医薬部外品よりも医薬品に分類される製品の方が、高い効果が期待できるはずです。

「薬用~」とあるのは医薬部外品

医薬品は、その名の通り医療用の薬品や、ドラッグストアなどで購入できる第一類~三類の医薬品などが該当します。一般的に「薬」と表現されるアイテムたちですね。

また、医薬部外品には、薬用化粧品、薬用シャンプーといった製品が該当します。薬用育毛剤も、この分類に含まれます。医薬品よりも、人の身体に対する効果が緩やかで、予防や衛生面の改善などで効果が期待できるもの、というイメージです。

最後に化粧品についてですが、化粧品に該当するのは、お肌や髪、爪などを清潔にしたり、美しく見せたりするアイテム全般のことを言います。

育毛剤を使う際には、その育毛剤が医薬品なのか、医薬部外品なのか、化粧品なのか、しっかり見極めてから使わないと、望んだ効果が得られない可能性があるわけです。

ちなみに見極め方ですが、その製品がどの分類に属するかというのは、パッケージに必ず明記されています。医薬部外品の場合は、商品名に「薬用~」とついていることが多いので、名称を見れば何となく判断できることでしょう(もちろんパッケージを見た方が確実ですが)。

必要に応じて使い分けていくことが大切

化粧品よりも医薬部外品、医薬部外品よりも医薬品の方が効果が高い、というのは事実です。

ただし、とりあえず医薬品を選べばいいかというと、そういうわけでもありません。薄毛の原因は千差万別です。まずは自身の薄毛の原因を知り、それに沿った対策をしていくことが肝心となります。

たとえば医薬品に分類されるAGA用の育毛剤を使ったとしても、薄毛の原因がAGAでなければ、高い効果は見込めないでしょう。お金と時間を無駄にしてしまうことになりかねません。

自身の薄毛の原因をまず特定し、それをケアできる成分を含んだ育毛剤を探してみてください。

注目されている用語