育毛・薄毛ケアを科学する医師・専門家監修サイト

メニュー 閉じる

成分・症例名など専門用語解説

公開日 2017年9月5日

ザガーロ【Zagallo】

ザガーロとは

ザガーロは、プロペシアなどに含まれるフィナステリドよりも高い育毛効果があるとされる、デュタステリドを含む育毛薬です。イギリスの製薬会社、グラクソ・スミスクラインによって開発・販売されています。

保険適用ではありませんが、厚生労働省により認可されている数少ない育毛薬の1つで、主にAGAクリニックなどで処方してもらうことができます。

アボルブとの違い

ザガーロについて調べると、アボルブという名称の医薬品をよく目にするかと思いますが、これら2つは同じものです。

ザガーロは男性型脱毛症用、アボルブは前立腺肥大症用としてパッケージングされていますが、中身に違いはありません。

もともと前立腺肥大症用の治療薬としてアボルブが販売されていたのですが、副作用として育毛効果があることが知れ渡り、それを目当てに購入する人が急増した、という経緯があります(メーカー側が育毛剤としての認可を得る手間を嫌い、前立腺肥大症用として販売したという説もあります)。

そうした背景を受けて、脱毛治療薬として新たにパッケージングされたのがザガーロというわけです。ちなみに中身は同じですが、アボルブは前立腺治療薬として、ザガーロは男性型脱毛症治療薬として、それぞれ厚生労働省に認可されています。

育毛の具体的な仕組み

ザガーロの主成分はデュタステリドです。デュタステリドには、ジヒドロテストステロンの生成に影響する酵素、5αリダクターゼのはたらきを抑える効果があるとされています。

男性型脱毛症の根本的な原因は、ジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体が結合してできる、TGF-βというタンパク質です。そのため、ジヒドロテストステロンを作り出す 5αリダクターゼのはたらきを抑制できれば、脱毛を防止できることになります。

育毛治療薬として知られるプロペシアにも、5αリダクターゼのはたらきを抑制する フィナステリドという成分が含まれています。ただ、デュタステリドの効果は、フィナステリドよりも高いとされています。

というのも、作用する範囲がデュタステリドの方が広いためです。5αリダクターゼにはI型とII型という2つの種類があります。フィナステリドが作用するのは、5αリダクターゼのII型のみ。一方のデュタステリドは、I型とII型の両方に作用します。

脱毛の主な原因となるのはII型なのですが、さまざまな臨床試験により、II型だけでなくI型にも作用するデュタステリドのほうが、育毛効果が高いという結果が出ています。

副作用について

効果が高い分、ザガーロにはそれなりの副作用もあります。

臨床試験では、被験者の5%にED、2%に性欲減退、1%に射精障害が出たとされています。また、割合は1%を切っていますが、味覚障害や肝機能障害等の副作用が出てしまった人もいるようです。

注目されている用語